妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんの生活

家で赤ちゃんがビニールプールで遊べるのはいつから?遊び方や注意点は?

投稿日:

Pocket

夏になると毎日暑く、大人より体温が高い赤ちゃんは何もしていなくても汗をたくさんかいてしまいますよね。

お家でも使えるビニールプールなら、暑い日でも楽しく涼しくなるので赤ちゃんを遊ばせてあげるのに良いですよ!

 

しかし、家庭用のビニールプールはいつ頃から使っても良いのでしょうか?
初めての方には不安や疑問も多いと思います。

家で赤ちゃんをビニールプールで遊ばせる方法、注意点などについてまとめましたので参考にしてください!




家で赤ちゃんがビニールプールで遊べるのはいつから?

家庭用のビニールプールは、マンションのベランダでも使用できる小さめのサイズのものも売られているので、家で水遊びをするのにおすすめです。
それほど値段も高くありませんので、赤ちゃんの成長に合わせた大きさのものを選んであげると良いと思いますよ。
大きいものは空気を入れて膨らませるのも大変ですよ。

去年の夏は、息子は初プールデビューでしたが、嬉しいことにプールは大好きで天気の良い日は毎日のようにプールで水遊びをしていました。

家で赤ちゃんをビニールプールで遊ばせるのは、いつからという明確な決まりはありません。

首が座った頃であれば大人が支えてあげれば水に浸かって体を涼しくしてあげることができますよ。

 

ビニールプールデビューにおすすめの時期は、赤ちゃんの腰がしっかり据わり、お座りができるようになる生後7か月頃からが良いでしょう。

お座りが上手にできていない赤ちゃんは、大人がずっと支える必要があるので大変ですし、少し目を話した間にバランスを崩して水に顔が浸かって溺れてしまう恐れがあります。

水深が10cmほどであっても赤ちゃんは溺れてしまいます。

 

また、生後7か月頃になると、赤ちゃんの体力も付いてきているのでプールでの水遊びも長めに楽しむことができます。
体力がないと、プール遊びで体力を消耗してしまい、その後に体調を崩してしまう原因になってしまうこともあるので、赤ちゃんの月齢や体に合わせてプールに入れる時間を調節してあげると良いでしょう。

 

  • 赤ちゃんの首が座り、大人が支えてあげればプールに入ることができる
  • お座りがしっかりでき、体力がついてきた生後7か月頃からがピールデビューにおすすめ!



家で赤ちゃんがビニールプールで遊ぶときの遊び方は?

家で赤ちゃんをビニールプールで遊ばせる時の準備の参考に、水温、深さなどの目安をまとめました。
安全に遊べるような環境を作ってあげてくださいね。

 

赤ちゃんが入るプールの深さの目安は?

赤ちゃんをビニールプールに入れる時の深さは、慣れるまでは浅めにしておきましょう。
中には水が怖い赤ちゃんもいますからね。

始めは10cmほどの深さから始めると良いですよ。

10cmの深さでも、赤ちゃんがうつ伏せになってしまうと溺れてしまうので必ず大人がそばで見ていてくださいね。

 

立っちができるようになっている赤ちゃんなら膝くらいの深さが安心ですよ。

 

赤ちゃんの入るプールの水温の目安は?

プールの水が冷たすぎると、体が冷えすぎてしまいますし、お腹が冷えて下痢にをしてしまう恐れもあります。

赤ちゃんをプールに入れるなら、水道水から出してすぐの水は冷たすぎるのでNGです!

 

目安の水温はだいたい25℃くらいで、お風呂よりも少しぬるいくらいが良いでしょう。

朝など早めからプールに水を入れて日光で水を温めるか、水道水にお湯を混ぜてぬるくするなどの準備をしてください。

 

赤ちゃんがビニールプールで遊ぶ時間の目安は?

1歳未満の赤ちゃんは水の中で遊ぶのは思った以上に体力を使います。

5分~10分ほど遊んだら少し水から出して休憩をさせて、体温を上げて様子をみましょう。

 

初めてプールで遊ぶなら、プールに慣れるまでは短時間にしておくほうが安心ですよ。
プールであそんだ後の赤ちゃんの様子を知らないので、思った以上に体が疲れてしまうこともあるので、プールの後の様子をみて今後のプールの時間を決めるとよいと思います。

プールが好きで、たくさん水で遊びたいという赤ちゃんでも、長くても30分ほどにしておきましょう。

長くプールで遊ぶなら、途中で休憩や水分補給もとりながら遊んでくださいね。

 

家で赤ちゃんがプールで遊ぶ時の格好は?

家で赤ちゃんだけでプールに入るなら裸ですると良いでしょう。

お友達も一緒にプールをするような時には、水遊び用の短パンや水着、などを着用すると良いと思いますよ。

誰かと一緒にプールに入る場合はウンチなどをしてしまわないように、水遊び用のオムツをすると水が汚れずにみんなで気持ち良く遊べますよ。

 

日光や紫外線が気になるなら、Tシャツラッシュガードなどを着せて遊ばせると安心ですね。

体が水温で冷えすぎてしまうのも防ぐことができますよ。

 

水遊びのおもちゃがあるとより楽しい!!

ジョーロ、お風呂であそぶおもちゃなどがあると赤ちゃんは楽しく遊べます。

水鉄砲などでママやパパがかけてあげるのも喜びますよ。



家で赤ちゃんがビニールプールで遊ぶときの注意点は?

家でビニールプールで遊び時に、より安全に遊ぶための注意点をまとめました。

赤ちゃんは思っている以上に体力が少なく、疲れやすいので大人が気をつけてあげることがいくつかありますよ。

食後や眠たい時間は避ける

母乳やミルクを飲んだ後、食事をした後にすぐにプールに入るのは消化しきれていないので遊んでいる時に戻して吐いてしまう恐れがあります。

食後30分はゆったり過ごしてからプールで遊ぶようにしてください。

 

また、眠たい時間も赤ちゃんの機嫌が良くなく、プールから上げると大泣き!ということになってしまうことも…。

 

赤ちゃんの普段のお昼寝の時間も考えてプールで遊ぶ時間を決めると良いですね。

 

日焼け対策をしっかりしましょう

家でプールをする時には直射日光の当たらない場所にプールを設置してください。

直射日光に長時間あたると、体力を消耗しやすくなりますし、日焼けの原因にもなります。

 

ベランダや庭に影がないようならパラソルや簡易テントなどを設置すると安心ですね。

 

また、マンションなどの場合はプールの下がコンクリートという場合が多いと思います。
コンクリートだとプールで座った時に固くてお尻が痛くなってしまうことがあるので、厚みのあるレジャーシートをプールの下に敷くと良いですよ。

コンクリートとプールがすれると穴あきの原因にもなるので、穴あき防止にもなります。

 

 

途中で休憩して水分補給も

プールが好きで長く遊ぶなら、途中で水分補給もさせてあげてください。

水で遊んでいますが、体の中に水分は失われていっています。

 

熱中症の防止のためにも、こまめな水分補給が大切ですよ!

10分に1回は休憩をして、赤ちゃんが飲まなくても、飲ませる週間をつけると良いと思います。

 

プールの後はゆったりと休息を

プールでは思っている以上に赤ちゃんは体力を使っています。

水に入っていたので体温も低くなっていますので、体が冷えすぎているようならお風呂で温かいシャワーをかけて温めてあげてください。

 

プールの後はお昼寝もしっかりすると思いますので、ゆったりと過ごせる環境を整えてあげてくださいね。
プールの後に出かける、などは避けるようにしましょう。

 

まとめ

プールはとても楽しいですが、浅い水でも赤ちゃんは溺れてしまうので必ず大人が近くで見て安全に遊べるようにしてください!

その日の天気や気温などに応じて遊ぶ時間を決めたり、プールの前には赤ちゃんの体調や体のチェックなども行ってあげてくださいね。

 

 

関連記事

赤ちゃんのプールデビューはいつから?塩素での肌荒れの心配は?塩素対策も紹介!

赤ちゃんの水分補給の方法やタイミングは?何をあげたらいいの?

 






-赤ちゃんの生活
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.