妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんの成長過程

赤ちゃんの首がすわる時期はいつ?判断・確認する方法は?首すわり後の注意点は?

更新日:

Pocket

生まれたばかりの赤ちゃんは首がすわっておらず、グラグラしていて抱っこをするのにも気をつかいますよね。

首がすわれば抱っこもしやすくなり、着替えやお風呂の時などに扱いやすくなります。

赤ちゃんの首すわりの時期はいつ頃なのか、個人差があるのは分かっているけど、目安が知りたい方もいると思います。

首がすわっているかどうか判断する方法などをまとめましたので、赤ちゃんの成長に合わせて試してみてくださいね。




赤ちゃんの首がすわる時期はいつ?目安や平均は?

赤ちゃんの「首がすわる」のはどんな状態?

首がすわるとは、「赤ちゃんの後頭部を支えなくてもグラグラしない状態」のことです。

赤ちゃんが自分の頭を自分で支え、どんな姿勢をとっても自分で頭を自由に動かせる状態のことをいいます。

 

赤ちゃんの発達は、上から下におりていきます。
まずは首がすわり、その後に腰、はいはい、つかまり立ち、歩くというように脳に近い部分から足の方へと発達していきます。

首すわりは赤ちゃんの発達における第一歩といえるでしょう。

 

赤ちゃんの首すわりが完了する時期の平均は?

赤ちゃんの首がすわるのはだいたい生後3~5か月頃だと言われています。

赤ちゃんが2か月になると、声のする方や気になる方へ顔を向けようとするようになってきます。
横を向いたりするようになるということはだんだん首がしっかりしてきたという証拠です。

 

うつ伏せにすると、自分で顔をあげて左右を見ることもできるようになってきます。
そのような状態からさらに首がしっかりして、しっかり首がすわったといえるのはだいたい3~5か月頃です。

 

発達が早いと、生後1~2か月頃から徐々に兆候を表す赤ちゃんもいますが、しっかりと首がすわったと感じるのは生後4か月頃が最も多く、生後5か月が終わる頃には完了しています。

 

首がすわる時期には個人差がありますので、早く首をすわらせたいからと、無理にうつ伏せにする必要はありません。

赤ちゃんの首や背中などの筋力がついてくると自然と首を支えるようになりますよ。

遅いからと焦らなくても大丈夫です!



赤ちゃんの首すわりを判断・確認する方法は?

赤ちゃんの首がすわったかどうか、どうやって確認すればよいのか分からない方も多いようです。

首すわりは、乳児健診(3~4か月検診)の時に、医師が確認するのでおうちの方が無理に確認をする必要はありません。

「もう首がグラグラしていないし、首がすわったかも!」ということで確認したい方のために首すわりの判断方法を紹介します。

 

首すわり確認方法

1、赤ちゃんを仰向けに寝かせる

2、赤ちゃんの両腕を持ってゆっくり上体を引き起こしてみる

 

体と一緒に首が持ち上がるようなら首がすわっているといえます。

首がガクンとしたり、体より遅れて上がってきた場合は、まだ完全に首は座っていないので無理に縦抱きにしたりしないようにしましょう。

 

首がすわっている状態

画像引用:http://kitokitohappylife.blog107.fc2.com/blog-entry-370.html

 

首がすわっていない状態

画像引用:https://millymilly.jp/column/5983

引き起こす時に強く引っ張ると、脱臼して赤ちゃんの腕が抜けてしまう恐れがあるのでゆっくり引くようにしてください。

 

赤ちゃんの首すわりが遅いときは練習が必要?

赤ちゃんの成長は個人差があるので、早い遅いに優劣はありません。

生後5か月を過ぎても首すわりをしないマイペースな赤ちゃんも少なくないので、心配ないと思います。

生後5ヶ月になっても全く兆候が見られない場合は、遊びの中できっかけを作ってあげましょう。

 

赤ちゃんをうつ伏せに寝かせて、声をかけながら赤ちゃんの好きなおもちゃを頭の斜め上に持っていきます。
赤ちゃんが「首をあげたい」と自発的に思えるように意識して行ってください。

 

まだ首がすわっていないのに、無理に縦抱きにしたり、引き起こしたりすると赤ちゃんの体に良くないので気をつけてあげてください。



赤ちゃんの首すわり後の注意点は?

赤ちゃんの首がすわると赤ちゃんのお世話がしやすくなります。

今までは、首を支えていないといけなかったのでいろいろと気を遣うところも多かったと思いますが、首の支えが必要なくなるので赤ちゃんの抱っこの仕方も変わってくると思います。

 

首すわり後の赤ちゃんの抱っこは縦抱きは?

首が座る前にもゲップの時などには縦抱きにしていたと思いますが、その時は縦抱きは赤ちゃんにとって心地良い姿勢とは言えません。

生まれたばかりの赤ちゃんの背骨の形は「C」型なので、真ん丸抱っこの方が落ち着くと言われています。

 

首が座った赤ちゃんの背骨は「C」から大人と同じ「S」型に変化しています。

背中が「S」型になると縦抱きが心地よく感じる赤ちゃんが増えてきます。
横抱きだと機嫌が悪く、縦抱きを好むようになる赤ちゃんも多いようですよ。

 

しかし、首すわりが完了した赤ちゃんでも、横抱きの方が気持ちが良いと感じる赤ちゃんもいます。

「首がすわった=縦抱き」をするというものではなく、抱っこの仕方は赤ちゃんが気持ちいい、安心する抱っこ方法をしてあげてください。
無理に縦抱きをする必要はありませんよ。

 

首すわり後のおすわり練習はゆっくりと!

首がすわると、次の成長の段階では、「お座り」ができるようになります。

だいたいお座りは生後6~7ヶ月ごろにするようになると言われています。

首がしっかりしてくると、体の筋力も付いてきている証拠。
体の準備と、赤ちゃんが興味を持ち始めると自然とおすわりをするようになります。

 

しかし、首がすわったからと言って無理にお座りの姿勢をさせると体に負担をかけてしまう恐れがあります。

お座りの練習でお座りの姿勢にさせる場合は、しっかりと赤ちゃんの背中を支え、安定していない腰や上半身をサポートしてあげてください。

 

バンボなどの椅子を利用すると腰のあたりをしっかりと支えてくれるので、体を安定させやすいですよ。

 

 

まとめ

赤ちゃんの成長には個人差があり、首がすわるのが遅くても体の準備が整えば自然と首がすわってきます。

遅いからと無理に練習する必要はありませんので、赤ちゃんの意思でいろんなものを見たい、触りたいと思うように接してあげると成長につながると思いますよ!

 

他の赤ちゃんと比べず、赤ちゃんのペースに合わせて関わって成長をサポートしてあげてくださいね。

関連記事

赤ちゃんのおくるみはいつまで必要?巻き方や効果は?

授乳中にスマホやテレビはダメ?赤ちゃんに与える影響は?






-赤ちゃんの成長過程
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.