妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




妊娠中 過ごし方

二人目の妊娠はいつから可能?上の子の卒乳や抱っこは?二人目妊娠の注意点

更新日:

Pocket

赤ちゃんがある程度大きくなって生理も再開したら、子どもを数人考えている方は二人目はいつ頃からつくろうか考えなくてはいけません。しかし、子どもは授かりものなのでそんなにうまく計画的にいかなかったり、上の子のお世話のことも考えなくてはいけませんよね。

二人目を妊娠した時には上の子どもにはどのような対応をすればよいのか、注意点などもまとめました。




二人目の妊娠はいつから可能?何歳差がいいの?

二人目の妊娠はいつからできる?

出産後すぐに二人目を考えている方はいつから妊活を始めてよいのか気になると思います。

一般的にはいつからという決まりはありませんが、生理が再開し体の調子が整っていれば二人目の妊娠は可能です。医学的な面から二人目の妊娠の1番良いと言われているタイミングは、上の子供を出産してから1年半経ってからといわれています。
産後の生理の再開は早い方で産後1か月半頃から始まる人がいるようですが、再開の時期には個人差があります。母乳を与えてる方は生理が始まるのは遅いと言われますが、授乳によって排卵が止まるわけではありません。授乳をしている方でも生理がきたり、妊娠することはあるので二人目が欲しいからと無理に授乳をやめなくても大丈夫です。

授乳をしていると妊娠がしにくいようなホルモンバランスになるので妊娠しにくいとは言われています。

 

産後はホルモンバランスが崩れている

妊活は生理が再開して、体の調子が整っていれば可能とお伝えしましたが、産後のママの体は自分が思っているよりも負担がかかっており、ホルモンバランスが崩れています。出産を終え元の体に戻ろうとしているのに、またすぐ妊娠すると体の中ではホルモンバランスが乱れてママの体に負担をかけることになります。

産後の生活や赤ちゃんのお世話に慣れてきて、体の調子が整ってきてから妊活を始めた方が良いと思います。

 

二人目は何歳差がいいの?

すぐにでも二人目が欲しい、2歳差と決めているという方もいらっしゃると思いますが、上の子どもと何歳差が良いのでしょうか?メリットやデメリットなども聞きますので、まとめました。

1歳差

年子で、上の子どもが1歳の時に赤ちゃんを妊娠し、抱っこやおんぶをすることも多い時期なので体への負担は大きくなります。年子の子育ては手がかかり大変な反面、子育てが短期間で終わるというメリットもあるようです。

子ども同士の年齢が近いので、大きくなってきたら双子のように一緒に遊んだりすることも多いので良いという意見も。

 

2歳差

ベビー用品を使う時期がずれてくるので、上の子どものおさがりを使えるというメリットがあります。
上の子どももいろいろ分かるようになっている時期に妊娠・出産するので、赤ちゃん返りが激しく上の子に手がかかるという声もきかれます。

 

3歳差

3歳差になると、話もできるようになり自分のこともある程度できているので、下の子どもの面倒も見てくれるようにもなります。理解力もあるので、下の子どもの世話につきっきりになってしまっても分かってくれると思います。

大きくなってきてから、中学・高校など学校の進学が重なるので、行事が重なってしまったり、経済的な負担も大きいと聞きます。

4歳差以上

上の子どもとの年齢差が大きい程子育てをする期間が長くなるので、年齢的な問題があります。3人以上子どもを考えている人は自分の年齢も考えて子どもの年の差を考えるようにしてください。

4歳以上あくと、上の子が下の子のお世話をしてくれ、進学時期も重ならないので育てやすいというメリットがあります。



二人目の妊娠がわかったら上の子の卒乳や抱っこはどうする?

授乳と妊娠の関係

授乳をし、赤ちゃんが乳首を吸うと「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。このホルモンは「幸せホルモン」と呼ばれ。赤ちゃんへの愛情が深まったりストレスが軽減されてりする作用があります。

しかし、オキシトシンは子宮収縮を促す働きがあり、妊娠中に授乳するとお腹が張ったり痛むことがあるので注意が必要です。
医学的に妊娠中の授乳で流産になる確率が上がる、ということは報告されていませんが、お腹が張りやすくなると切迫早産になる可能性もあるので、二人目の妊娠が分かったときに授乳をされている方は産院の医師に相談するようにしましょう。

医師によって授乳をやめた方がよいと言われる方もいるかもしれませんが、ママ自身が母乳を続けたい、赤ちゃんが欲しがっているのであれば無理にやめる必要はないと思います。特に1歳未満の赤ちゃんがいるのであればいきなり断乳するのは難しいと思います。

医師から授乳はやめた方が良いと言われた時には卒乳をした方がよいので、少しずつ授乳の回数を減らして赤ちゃんが戸惑わないようにしてあげてください。

 

妊娠中に上の子の抱っこは負担がかかる?

上の子が小さいほど抱っこをすることも多いと思います。あやしたり、寝かせたりするときなど抱っこしないと泣き止まない時もありますよね。

妊娠中に重いものを持つとお腹に負担がかかるということがいわれていますが、2人目妊娠中の抱っこや抱っこ紐の使用について医学的にいつまで、どの程度(時間)まで、抱っこが許されるのかという基準はありません。

抱っこをしてお腹が張って早産になったということを聞かれたことがあるかもしれませんが、抱っこだけが原因ということはありません。

お腹が張っても体を横にして休めば張りも治まりますので、長時間体に負担にならない程度であれば大丈夫だと思います。

しかし、切迫早産で医師からやめるように言われている場合には、抱っこしないようにしてくださいね。
ママの体と心が抱っこを受け入れられるのであれば、上の子の抱っこがだめということはありません。

 

妊娠中に抱っこをする時の注意点

妊娠中に抱っこをしたり、抱っこ紐を使うことはだめなことではありませんが、気をつけないといけないこともあります。

抱っこ紐のベルトを締めすぎない

抱っこ紐は様々な種類がありますが、多くら腰で固定するタイプです。
締めすぎると体に負担になり、妊娠初期の時にはつわりで辛いという意見も。
また、お腹が大きくなってきたら使用は避けた方が良いと思います。

お腹を締め付けないタイプのものもあるようなのでそちらなら長く使えそうですよ。

 

立たずにスキンシップも◎

立って抱っこをすると子どもの体重がママの体に負担になりますが、座ったままギュッと体をくっつけたり、膝の上に座らせて上げるとお腹への負担は少なくなります。また、添い寝も上のお子さんとのスキンシップには良いですよ。

 

二人目の妊娠中の注意点は?

動きすぎない

上の子がいたり家事をしたり体を動かしていることが多いと、お腹が張りやすくなり早産につながってしまうことも。
これくらい大丈夫!と思って無理をしないようにできるだけゆったり過ごせるように心がけてください。

 

育児や家事がストレスにならないように

特に妊娠初期はつわりがある方にとって上の子の育児と家事をしないといけないと考えただけで精神的にストレスに感じることがあると思います。

ストレスはママの体にも赤ちゃんにもよくありません。二人目妊娠が分かったら、自分の体と育児を優先して、家事は少しくらいサボっても良いですよ!

パパがいる日に上の子を見てもらっているときに掃除をしたり、お風呂洗いはパパの仕事!など家事を分担して助け合わないとママは大変だと思います。

上の子を連れての買い物も大変なのでネットスーパーなども有効に活用すると良いです。

 

出産準備は余裕を持ってる早めに

二人目だから準備するものは揃ってるから大丈夫!と思っていても、汚くなっている買い替えないといけなかったり、足りない物があれば直前で慌てることに…。

二人目はお産が進みやすいと言われているので、陣痛が来てから準備するヒマはありませんよ!

早めに余裕を持って準備をしてくださいね。

 

まとめ

・二人目は妊活は生理が再開し、体調が整えばOK

・妊娠中の抱っこは禁止ではないが、お腹が張ればすぐに休むように!抱っこ以外のスキンシップをたくさん取りましょう。

・妊娠中はママの体と上の子の育児が優先!家事は適度に手抜きをしてストレスをためないように!

 

二人目の妊娠は早めの夫婦で話し合い計画的に妊活を始めると良いですよ。親の都合もあるかもしれませんが、上の子どものことも考えて決めてあげてくださいね。






-妊娠中 過ごし方
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.