妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんとのお出かけ

赤ちゃんの外出の時間の目安は?外出が長いと赤ちゃんは疲れてストレスがたまるの?

更新日:

Pocket

 

赤ちゃんが産まれて1か月の間は、ママと赤ちゃんはお家の中で過ごすことがほとんどですよね。

慣れない赤ちゃんのお世話や授乳、ずっと家の中にいるとママのストレスも増えていくと思います。

 

赤ちゃんが大きくなってきたら一緒に外出をしようと考えている方も多いかと思いますが、小さい赤ちゃんはどれくらいなら外出することができるのでしょうか?

また、長時間の外出はやはり赤ちゃんにはストレスになるのか・・・。

 

今回は、

  • 赤ちゃんと外出する時の時間の目安は?
  • 外出することで赤ちゃんは疲れたり、ストレスがたまる?
  • 赤ちゃんと外出するときのポイント

などについてまとめました。




 

赤ちゃんと外出する時間の目安は?

赤ちゃんとの外出は「生後1か月」から!

赤ちゃんとのお出かけは生後1か月までは控えましょう。

新生児のうちは体温調整がうまくできず、免疫や抵抗力も弱いので赤ちゃんが病気になってしまう恐れもあります。新生児の頃は庭やベランダで外気浴させてあげる程度にしておいてください。

 

赤ちゃんとのお出かけは早くても生後1か月からにしてください。
月齢ごとに外出するだいたいの目安をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

 

月齢ごとの外出時間の目安

生後1か月頃

生後1か月赤ちゃんの初めての外出は「1か月検診」になることが多いと思います。

1か月検診の後に外出をするのであれば、はじめは5分くらい家の近くを散歩することから始めると良いでしょう。

 

その後10分、20分と時間をのばしていってもかまいませんが、首がすわっていなので十分気をつけてあげてください。

慣れてきたら近くのスーパーなどにも一緒に行けると思いますが、寒いところもあるので注意!

基本的には家で過ごすようにしてくださいね。

 

 

生後2か月頃

赤ちゃんの体調や機嫌が良いときに、週に2,3回の散歩などの外出なら体の負担にはならないといわれています。

まだ体も未熟で首もすわっていないので、1回の外出は1時間以内にして体の負担にならないようにしてください。

友達の家に赤ちゃんを連れて行ったりなど室内で過ごせるのなら赤ちゃんもゆったりすごせるので負担が少ないと思いますよ。

 

 

生後3か月頃

赤ちゃんも少ししっかりしてきましたが、まだ完全に首がすわっていない子も多いので長くても1~2時間程度にしておきましょう。

授乳と授乳の間に外出するのが機嫌もよくてオススメです。

 

電車やバスなどにも一緒に乗れますが、人が少ない時間帯にしてあげましょう。

やはり毎日のお出かけは赤ちゃんにとっては大きな負担になるので、遠くに行くときは週に2回程度にしておくほうが良いでしょう。

 

 

生後4~5か月頃

首もしっかりしてきたのでおでかけの負担もへってきます。

一緒にデパートに行ったり、天気の良いときには公園ですごしたりできますよ。

 

車でのおでかけはチャイルドシートにのっているだけで赤ちゃんへの負担は少ないと言われていますので、片道1~2時間かけて親族の家に行ったりも大丈夫です。

赤ちゃんの体に負担がかからない程度で3時間ほどなら外出することも可能です。

 

 

生後6~7か月頃

赤ちゃんの生活リズムもしっかりできてきているので、起きているときにお出かけをすると赤ちゃんも喜ぶと思います。

外出先で1回授乳するくらいが、ママにも赤ちゃんにも負担にならないと思いますよ。

ベビーカーや抱っこひもでお昼寝ができれば赤ちゃんも長くおでかけしても負担は少なくて済みます。

 

時間の目安は特にありませんが、あまり長すぎないように赤ちゃんの様子をみて疲れているようなら早めに帰りましょう。

 

 

生後8ヶ月~

赤ちゃんの好奇心がある時期なので、いろんなところに連れて行ってあげましょう。

人が多いところや気温が高すぎたり、低すぎたりしなければだいたいのところは出かけられますよ。

 

朝から晩までというのは疲れてしまうと思うので、赤ちゃんの様子を見ながら時間や行く場所を変更したりしてください。

 



外出することで赤ちゃんは疲れたり、ストレスがたまったりするの?

「フリー素材 赤ちゃん お出かけ」の画像検索結果

赤ちゃんの月齢が低いと、赤ちゃんの体が未熟なので疲れたりしないか気になりますよね。

小さい赤ちゃんは寝ていることが多いのですが、赤ちゃんにとって外出すると何が疲れにつながっているのか、どういったことがストレスになっているのかまとめました。

 

家の外は情報が多すぎる

外出すると家にいる時と違い、光の量、人の話し声、物音、など様々な刺激があります

家にいるときは知っている場所、身近な人の声や音しか聞いていないので安心して静かな状態にあります。

 

赤ちゃんは毎日たくさんのことを吸収して学習しているので、刺激が多すぎると処理しきれなくて疲れてしまうことにつながるようです。

 

外出したらよく眠る、長時間の外出のあとは奇声を出すなど外出による影響はさまざまな声がきかれます。それだけ赤ちゃんが疲れているということは確かだと思うので、適度な時間のお出かけが大切ですね。

 

ほこりや雑菌、ウイルスによる負担

おうちの中は掃除が行き届いていればほこりや雑菌、ウイルスなど少ないと思います。

新生児が外出してはいけないのは、これも大きな理由の一つだと思います。

 

離乳食が始まるころには、自分でいろんな玩具や手の届くものは何でも口に入れるようになるので、自然と菌などには免疫がついていきますが、月齢が低い赤ちゃんは身体が未熟なのでホコリや雑菌、ウイルスの影響も体に負担になることがあります。

 

人混みは多いところは特に多いと思いますので、行先や出かける時間帯を考えてお出かけしてください。

 



 

赤ちゃんと外出するときのポイント

赤ちゃんとの外出は、いつも家にいて家事や育児をしているママにとっても良い息抜きになると思いますので、ぜひ天気の良いときには赤ちゃんと一緒にでかけてほしいと思います。

 

赤ちゃんと外出する時のポイント

・月齢が低い赤ちゃん(4か月頃まで)は遠出は少なくして、近所の公園やデパート、お友達の家などのお出かけするのがオススメです。

・お座りがしっかりできるようになってきたら、赤ちゃんの興味も広がってくるのでいろんなところに行ってみましょう。

・できるだけ、人混みは避けて空いている時間帯にでかける方が赤ちゃんもママも負担がすくないです。

・大人の都合で赤ちゃんを振り回さないように、赤ちゃんの機嫌が良くなかったり、疲れている様子があれば早めに帰りましょう。

 

まとめ

赤ちゃんとのお出かけはとても楽しいと思います。

赤ちゃんがいろいろ反応してくれるようになると出かけられるところも増えると思いますので、いろんなところに連れて行ってあげてくださいね。

 

赤ちゃんとの外出には特に決まりはありませんが、一つの意見として参考にして頂ければと思います。

 

 

最後にお得な情報です!

作業をしながらでも本を聴くことができるAmazonの「audible」が今なら無料で体験できます。
新作の本でも1冊無料で聴くことができるので、育児の息抜きにもおすすめですよ。

 

関連記事

赤ちゃんとの旅行はいつから?持ち物は?

赤ちゃんが何でも口に入れるのはなぜ?いつからいつまで?




-赤ちゃんとのお出かけ
-

Copyright© 子育て123 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.