妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんとのお出かけ

赤ちゃん子連れでの海水浴持ち物チェックリスト!必需品からあれば便利なものまで!

投稿日:

Pocket

夏になると海水浴に行かれる方も多いと思います。

赤ちゃんが小さいと連れて行って大丈夫か心配な方もいると思いますが、必要な持ち物をしっかり準備して行くと赤ちゃんとの海へのお出かけが楽しめますよ!

絶対に必要だという持ち物から、あれば便利な持ち物までをリストにしましたので参考に準備して持って行ってくださいね!




赤ちゃん子連れでの海水浴持ち物チェックリスト!【必需品】

赤ちゃんや小さいお子さんと一緒に海水浴に行くときには事前の持ち物の準備が大切です。

海水浴場の近くには売店やコンビニなどがあるところもありますが、足りないものを現地で購入すると少し高かったり、赤ちゃんや小さい子供用の物が売られていなかったりする場合もあります。

また、子どもがいるのに途中で買いに行くのも大変です。

忘れ物をしないようにチェックしながら準備していくと良いと思います。

赤ちゃん子連れでの海水浴持ち物チェックリスト!【必需品】

□水着(ラッシュガード・Tシャツ)
□フェイスタオル
□ラップタオル
□帽子
□ビーチサンダル(マリンシューズ)
□ビニール袋(ジップロックなど)
□着替え

□水遊び用のおむつ
□浮き輪
□砂遊びグッズ
□小銭入れ(防水ケース)
□レジャーシート

□保険証
□母子手帳
□救急グッズ(絆創膏、消毒液)
□日焼け止め
□ティッシュ
□ウェットティッシュ

□おむつ
□おしりふき
□マグ
□哺乳瓶
□粉ミルク
□調乳のお湯
□離乳食
□スプーン・フォーク
□赤ちゃん用の飲み物の予備(水・お茶・ポカリなど)

 

補足を加えながら説明していきます。

 

水着(ラッシュガード・Tシャツ)
海は普段以上に紫外線が強いので、水着の上にラッシュガードやTシャツなどを着用させてできるだけ肌が直射日光に当たらないようにしてあげてください。

フェイスタオル・ラップタオル
タオルは多めに持って行く方が良いですよ。
最後に体を洗って着替える時以外にも海では使うことも多いですしね!
ラップタオルは、被っておけば紫外線対策にもなりますし、着替えの時に大活躍しますよ。

帽子
風で飛ばないようにゴム付きのものが◎
濡れても大丈夫なものを持って行きましょう。

ビーチサンダル(マリンシューズ)
立っちをする赤ちゃんはあった方が良いですよ。
浜辺の砂はとても暑いので足の裏を守るためにも履かせた方が良い場合があります。

ビニール袋(ジップロックなど)
濡れた着替えや、汚れたものを入れるのに重宝します。
多めに持って行きましょう。

着替え
帰りに着る用の着替えを準備しましょう。
海に入った後は寒くなってしまうこともあるので羽織り物も忘れずに!

水遊び用のおむつ
普通のおむつは水を吸って重たくなって動きにくくなってしまうので、水遊び用を履くと動きやすいですよ。

浮き輪
水にしっかり入って遊ぶのであれば必要です。

砂遊びグッズ
長時間水に入って遊べない小さい赤ちゃんなどには必要!

小銭入れ(防水ケース)
お札は濡れた手で触れませんので、小銭の方が使いやすいですよ。
スマホ用の防水ケースなどに入れてもOKだと思います!

レジャーシート
荷物を置いたり、休憩をするときに必要です。

保険証・母子手帳
念のために持って行きましょう。

救急グッズ(絆創膏、消毒液)
海でケガをしてしまうこともあるでしょう。
あると安心です。

日焼け止め
海の紫外線は強いので、こまめに塗りなおしてあげましょう

ティッシュ・ウェットティッシュ
特にウェットティッシュは重宝しますよ!
海では砂が手に付きやすいので、すぐに汚れてしまいます。

赤ちゃん用の飲み物の予備(水・お茶・ポカリなど)
マグに入れた飲み物だけでは足りなくなる可能性は大です!
赤ちゃん用のポカリやお茶など多めに持っていきましょう。
もちろん、大人の飲み物も!



赤ちゃん子連れでの海水浴持ち物チェックリスト!【あれば便利なもの】

海水浴に行ってより快適に過ごすために、あれば便利なものをまとめました。

人によっては、なくても良いものもあると思いますので、必要に応じて準備して持って行かれると良いと思います。

車で行く方は良いですが、電車などで行く場合は荷物も多くなってしまうと思うので考えて準備してくださいね。

赤ちゃん子連れでの海水浴持ち物チェックリスト!【あれば便利なもの】

□簡易テント
□パラソル
□ベビーカー
□抱っこひも
□日傘
□ビーチチェア

□クーラーボックス(クーラーバッグ)
□大きめのペットボトル

□冷却シート、保冷剤
□虫よけスプレー
□体温計
□うちわ

 

日陰を作れるグッズ(簡易テント、パラソル、日傘など)
真夏の海は日差しがとにかく強いので、陰がないと体力がどんどん奪われていきます。
特に赤ちゃんがいる場合は日陰をつくれるような場所があれば良いですよ。

赤ちゃんだけに日陰をつくるなら日傘でもOkですが、途中で昼寝をしてしまうことをかんがえるとベビーカーがあると便利ですよ!

ベビーカーなら、赤ちゃんを寝かせることも簡単ですし、日よけが付いているので赤ちゃんに直射日光が当たらなくて良いです。
地面から少し距離もとれますし、シートなどに寝かすより安全ですよ。

 

抱っこ紐
歩けない赤ちゃんに場合はある方が楽です!

 

クーラーボックス(クーラーバッグ)
飲み物を持参していると思うので、クーラーボックスに入れて置けばいつでも冷たい飲み物を飲むことができますよ。
そのまま置いておくとすぐにぬるくなってしまいます。

 

大きめのペットボトル
中には水道の真水を入れます。
シートの近くに置いておくと、手や足を洗いたい時にさっと使うことができるので便利です!
水道の近くなら良いのですが、そうでない時にはあると良いですね。

 

冷却シート、保冷剤、体温計、うちわ
赤ちゃんなどが急に体調が悪くなった時に、体温を確認するとどういう症状なのか判断しやすいでしょう。
軽い熱射病になった時にもすぐに使えるグッズがあると助かりますよ。



赤ちゃん子どもを海に入れる時に気をつけることは?

赤ちゃんとの海水浴のための持ち物の準備はOkですか?

準備をしっかりできていても、赤ちゃんと海で楽しい時間を過ごすために気を付けないといけないこともありますよ。

海に行ってから慌てることがないように、海水浴に行ったことを想像しながら確認してみてください。

赤ちゃんの熱中症に注意!

海は暑いのでじっとしているだけでも汗をかきます。

歩いたり、海に入れる赤ちゃんや小さいお子さんなら動き回るのでなおさらたくさんの汗をかくので、熱中症になりやすいと言われています。

ずっと遊ばせておくと水分補給を忘れてしまうくらい夢中になってしまうと思うので、適度に休憩を取りながら日光に当たりすぎないような対策も行うと良いでしょう。

以下のことを気をつけましょう!

  • こまめに水分補給をする
  • 炎天下で遊ぶ時には必ず帽子をかぶる
  • ラッシュガードやTシャツを着て肌の露出を少なくする
  • 適度に休憩するように親が遊ぶ時間を管理する

 

 

海水浴に行く時間は午前中や夕方に!

小さい赤ちゃんがいる場合は、気温が比較的高くない午前中や夕方に行くことをおすすめします。

朝早い方が空いていますし、渋滞も避けられると思いますよ。

午前中と言っても、10時頃からは日差しも強くなってきますので、8時~10時まで、16時以降がベストだと思います!

 

 

上に兄弟がいる場合などは長い時間遊びたい場合もあると思いますので、日差しが強い時間も海水浴をするなら日陰になるようなグッズは必ず持っておく方が小さいお子さんや赤ちゃんのためには良いですよ。

 

まとめ

持ち物を細かくチェックリストでご紹介しました。

必要かどうかは、行く時間や場所にもよると思いますので、ご自身の判断でいるものを準備して持って行かれると良いと思いますよ!

 

赤ちゃんの飲み物だけは忘れないように持参するようにしてくださいね。

関連記事

夏のベビーカーで熱中症?赤ちゃんの暑さ日焼け対策にブランケットやシートは必要?

赤ちゃんが日焼けで真っ赤になったらアフターケアは必要?赤ちゃんの日焼けの3つのケア方法!






-赤ちゃんとのお出かけ
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.