妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんの生活

哺乳瓶の消毒は毎回必要?いつまですればいい?

更新日:

Pocket

生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が弱く、衛生面を気にすることが多くなりますよね。

特に毎日、口にする『哺乳瓶』はきれいにしておく必要があります。細菌が付かないように消毒をしなければいけませんが、消毒は毎回する必要はあるのでしょうか?毎回の消毒だとなかなか大変ですよね…。

赤ちゃんの哺乳瓶の消毒は毎回必要なのか、いつまで消毒するべきなのか、などについてまとめました。




哺乳瓶の消毒は毎回必要?

哺乳瓶の消毒は必要?なぜするの?

生まれたばかりの赤ちゃんは、ママの体からある程度の免疫を受け取って生まれてきますが、それでも大人の半分程度の免疫力しかありません。

赤ちゃんは、雑菌に対する常在菌が腸内にいないのであまり抵抗力がありません。少しの細菌でも命に危険が及ぶ可能性があるので、体の中に菌が入らないように口にするものはできるだけ菌をとってあげた方が良いのです。

特に哺乳瓶や乳首は複雑な形をしていて、手洗いでは洗いきれない汚れやミルクカスが付いていることも多くあります。

毎日使い続けることで容器に傷も付き、そこに雑菌が入ってしまうこもあるそうです。

ミルクは栄養豊富で、少しでも残っていると雑菌も繁殖しやすいので消毒をして菌を除去する必要があります。

 

哺乳瓶の消毒は毎回するべき?

哺乳瓶を消毒する必要があることは分かったと思いますが、毎回消毒するとなるとなかなか大変ですよね。

昼間はまだがんばれても、夜のミルクの後に洗って消毒するのは眠たいですし、面倒に感じる方も多いのではないでしょうか?

 

「飲み終わった哺乳瓶を洗剤だけできれいに洗っておけば消毒は必要ないのでは?」と思う方もいると思います。

確かにそれだけでもきれいになっているように見えるかもしれませんが、哺乳瓶の乳首の形は複雑なのでミルクカスが残っている可能性もあります。

細菌は目に見えないのが怖いところ!

消毒をしていない哺乳瓶で飲ませても赤ちゃんに何の問題もないかもしれませんが、何かあってからでは遅いので、赤ちゃんがある程度大きく成長するまでは毎回消毒して、できるだけ無菌のものを使ってあげる方が良いでしょう。



哺乳瓶の消毒の方法!消毒を楽にする方法はある?

哺乳瓶を消毒する方法は3つあります。

  • 煮沸消毒
  • 薬剤消毒
  • 電子レンジ消毒

どの消毒方法が良いかは、自分の使いやすいものにすればよいと思います。

私は、電子レンジで消毒できるグッズを買い哺乳瓶を消毒していました。
専用のケースに哺乳瓶と少量の水を入れて電子レンジにいれて加熱するだけで、他の用事を済ましている間にできるので、面倒だと感じることも少なかったと思います。

 

哺乳瓶の消毒を楽にする方法はある?

哺乳瓶の消毒が面倒だと思っている方は、哺乳瓶が1本しかない方が多いようです。

1本しかないと、毎回洗って消毒しておかないと次のミルクの時に使うことができないですよね。

 

私が哺乳瓶の消毒を面倒だと感じなかったのは、電子レンジ消毒だったこと+哺乳瓶が3つあったからだと思います。

・知り合いのおさがり
・200ml用の哺乳瓶
・搾乳機とセットだった哺乳瓶

この3つを使いまわしていました。

 

電子レンジの消毒は、一度に3つ一緒に消毒することも可能だったので、寝る前に全て消毒した状態にしておくと夜のミルクの後に消毒しなくても大丈夫になります。

ミルクの後はお湯ですすぐだけでも雑菌の繁殖を抑えられるので、朝になってから一気に使った哺乳瓶を洗って消毒していました。

 

1本しか哺乳瓶がないという方は、もう1本増やしてみると少しは消毒が面倒だと思うことが少なくなるかもしれませんよ。

 


哺乳瓶を消毒するのはいつまで?

哺乳瓶を消毒しなければいけない時期は、何か月までと明確には決まっていません

目安としては、哺乳瓶以外のものを口にし始めたら

赤ちゃんが成長していくと、指しゃぶりをしたり、おもちゃを口に入れて遊ぶようになります。赤ちゃんはいろんなものをなめて菌を少しずつ体に入れて丈夫になっていっています。いろんなものを舐めだしたのに、哺乳瓶だけ消毒しても意味がないという考えもあります。

赤ちゃんがママからもらった免疫力は、生まれた直後から急激に低下し、3か月を過ぎたころから1歳になることにようやく生まれた頃の免疫力に戻ります。

哺乳瓶の消毒は少なくとも生後3~4か月まではしてあげてくださいね!

一般的に離乳食が始める生後5~6か月頃には、赤ちゃんの雑菌への抵抗力もついて、毎回哺乳瓶の消毒をする必要もなくなってきます。

心配な方は、哺乳瓶を使っている時はずっと、赤ちゃんが1歳頃になるまで消毒されていた方も多いようです。

 

哺乳瓶の消毒をやめる時の注意点

赤ちゃんの体調の良い時に

消毒をやめる時期は、できるだけ赤ちゃんの体調が良いときにしましょう。
風邪をひいている時や、お腹の調子が悪い時は様子をみて、体調が回復してから試してください。

赤ちゃんは生後5か月を過ぎても、免疫機能は未熟なところが多く、ちょっとしたことでも消化不良を起こしやすい状態です。全く消毒をやらなくなるのではなく、徐々に消毒の回数を減らしていきましょう。

 

清潔を保つ

消毒をやめても、必ず清潔な状態にしてあげてください。離乳食が始まる頃は、まだミルクも飲んでいるので、哺乳瓶や食器は使った後、隅々までしっかりと洗い、すすぎ残しにも気をつけてください。

また、まな板や包丁などの調理器具の衛生面にも気をつけましょう。

生肉を切った後は消毒をしたりいつも以上に気を付けましょう。離乳食が始まったばかりの頃はアレルギーの心配もあるので、私は赤ちゃん用に小さいまな板、小鍋を買いました。赤ちゃん用にしたことで安心して使えて買って良かったと思いました。

最近は安くて使いやすいものもたくさん出ているので、赤ちゃん用に買うのもオススメですよ!

 

重要なのは、雑菌を繁殖させないこと

哺乳瓶にミルクが残ったまま放っておくと雑菌が繁殖します。

消毒しない場合は、使い終わったらとにかくすぐに洗うようにしてください!しっかりと洗うのが難しい場合は、とりあえず水ですすぐか、水につけておくようにしましょう。

洗った後は水滴も雑菌の繁殖場になるので、自然乾燥せずに水滴はとる方が良いでしょう。
使ったスポンジもしっかり水気を切って乾燥させておきましょうね。

 

まとめ

ずっと消毒をし続けるのは大変ですので、様子を見て減らしていきましょう。神経質になりすぎるのはママの負担が大きくなってしまいます。

赤ちゃんが小さい時は頑張って消毒して、大きくなってきたら消毒も減らしていくと良いと思います。

 

関連記事

赤ちゃんのフォローアップミルクはいつからいつまで必要?飲ませ方は?

離乳食を開始するのはいつ頃から?






-赤ちゃんの生活
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.