妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




未分類 赤ちゃんの生活

赤ちゃんのプールデビューはいつから?塩素での肌荒れの心配は?塩素対策も紹介!

投稿日:

Pocket

夏になると暑いのでプールや海に行かれる方も多いと思います。

自宅の庭やベランダでの小さなプールであれば月齢の低い赤ちゃんでもできますが、大勢の人が来ている施設のプールには、いつから赤ちゃんを入れても良いのでしょうか?

 

息子も今年の夏にはプールデビューをしようと考えているので、いつからプールに行って良いのかやプールでの塩素による肌荒れの心配はないかなど調べました。

 

同じ疑問をお持ちの方の参考になるようにまとめましたのでご覧ください!




赤ちゃんのプールデビューはいつから?

自宅で赤ちゃんはいつからプールに入れる?

まずは、自宅での赤ちゃんのプールデビューはいつ頃なのでしょうか?

自宅でビニールプールなどでプール遊びをする目安の時期はだいたい生後7か月頃だと言われています。

これは、赤ちゃんの腰がしっかりと据わるようになる頃になります。

 

また、生後7か月頃になると赤ちゃんの体力も付いてきますので、プール遊びをしても体力を消耗しすぎる心配はありません。

お座りがしっかりできるようになる時期には個人差がありますが、あまりに月齢が低いと体力がないので、プール遊びで疲れがたまってしまう可能性がありますよ。

 

また、しっかり座れない赤ちゃんはビニールプールでも倒れて溺れてしまう可能性があります!
水深10㎝でも赤ちゃんは自分の力で起き上がれずに溺れてしまうことだってありますので目を離さないように注意しましょう「。

 

大人が付きっ切りで体を支えて水に触れさせてあげる程度なら、月齢が低い赤ちゃんでもプールに入ることができると思いますよ。

 

赤ちゃんのプール施設の利用はいつから?

沢山の方が利用するプール施設には、いつから赤ちゃんを連れて行って良いのかというと、

目安はオムツが外れ、自分でおしっこやうんちがしたいことを伝えるようになってからが良いでしょう。

 

プール施設の多くは、オムツが外れていない赤ちゃんの入水を禁止しています。

(水遊び用のオムツも同様に禁止しているところが多いです。)

 

 

やはりたくさんの方が利用するプールですので、オムツがはずれていない赤ちゃんが入ると、水の中でうんちやおしっこをしてしまう可能性もあります。

 

泳ぐためのプールの水におしっこが入っていると他の利用客の方が嫌がるのも無理はありませんよね。
「赤ちゃんだから仕方がない」では済まされないのです。

赤ちゃんのしてしまったことはすべて親の責任になりますので、しっかりお子さんの成長時期に合わせてプールデビューを考えてください。

 

おむつが外れる時期には個人差がありますが、大体の方は3歳頃までにはオムツがはずれプールに行くようになっているようですよ!



プールの塩素で赤ちゃんの肌荒れの心配は?

プールに入った後に髪がギシギシしたり、体がかゆくなったという経験がある方はいませんか?

プールの水は消毒のために「塩素」が入れられています。

 

塩素というと思い浮かぶのがキッチンハイターではないでしょうか?

あの強力な液体がプールに入れられていると考えると、肌や髪に何らかの影響が出てしまうのもうなずけます。

 

塩素を入れないと多くの人が入るプールは雑菌だらけになってしまうので必要不可欠なんですよ。

 

大人でもさまざまな影響があるプールの水に赤ちゃんをいれても大丈夫なのでしょうか?

 

塩素による赤ちゃんの肌荒れの症状は?

プールに入ったことで起こる可能性がある赤ちゃんの肌荒れの症状をまとめました。

症状には個人差があるので、何も起こらない赤ちゃんもいれば、ひどい症状が出てしまう赤ちゃんもいるようです。

 

湿疹が出る

プールの塩素が刺激になり、体が反応して湿疹が起こってしまいます。

顔だけではなく、全身に湿疹がでる可能性があります。

 

かゆみが起こる

赤ちゃんの肌は薄く、敏感なので塩素の刺激でかゆみが引き起こされることもあります。

特にアトピー性皮膚炎の赤ちゃんはかゆみが強く出ることがあるので注意が必要です。

 

掻きむしることで肌が傷付き肌荒れが悪化したり化膿してしまうこともあります。

 

プールで赤ちゃんの肌が荒れる原因は?

塩素による刺激

塩素はプールを清潔にするために入っているのですが、人によっては刺激が強い場合があります。

プールに入っている塩素の濃度は人体に影響がない濃度になっているのですが、プールから上がった後には肌から塩素の臭いがすることがありませんか?

 

塩素は皮膚のたんぱく質を破壊する作用があります。

ですから、肌が弱い方や、大人の肌の半分の薄さしかない赤ちゃんの肌にとっては刺激が強いので、プールに入った後には肌荒れを起こしやすくなるのです。

 

肌にダメージをうけると、皮膚の表面から水分も逃げやすくなるので肌が乾燥しやすくなります。肌の乾燥も湿疹やかぶれの原因になります。

 

 

日焼けや紫外線によるバリア機能の低下

室内プールの場合も多少は紫外線や日光に浴びることになります。

 

紫外線を浴びすぎてしまうと免疫力が低下してしまうことが分かっています。

免疫力が弱くなると、体のバリア機能も低下してしまうので皮膚から細菌やウイルスなどは体内に入り込みやすくなります。

 

日に焼けた後にヘルペスなどができやすいのも、紫外線による免疫力の低下が関係しているんですよ。

 



赤ちゃんをプールの塩素から守る対策はある?

赤ちゃんの肌が塩素で荒れてしまうのを防ぐためにはどのようなことをすればよいのでしょうか?

いくつか方法をご紹介します。

プールの前にワセリンを塗る

プールに入る前に塩素から体を守るための方法やアイテムは残念ながらありません。

しかし、できるだけ塩素が肌に触れないように、ワセリンなどを塗っておくと皮膚の上に膜を作ることができ、皮膚を保護することができます。

 

ワセリンは水に溶けにくいので、プールでも使うことができますよ。

ウォータープルーフの日焼け止めを塗っておくのも良いですが、小さい子供は肌が弱いので、できるだけ刺激のすくないものを利用するようにしてください。

 

プールの後にゴシゴシ体を擦らない

塩素をしっかり落としたいからとゴシゴシとこすってシャワーをすると、肌を傷めてしまい肌荒れや乾燥を悪化させる原因になります。

 

プールから出てすぐにボディーソープが使えるのであれば、ボディーソープをしっかり泡立ててから優しく体を洗うようにしてください。

水で洗うよりもきれいに塩素が取り除けます。

 

家に帰ってからのお風呂でもゴシゴシと洗いすぎないように気をつけてください。

 

保湿をしっかりする

プールの後の肌は多少なりともダメージをうけています。

乾燥もしやすくなっているので、しっかりと保湿してあげてください。

 

乾燥は肌荒れの原因になってしまいますよ。

いつも使っているローションやクリームでOKです。

 

 

まとめ

プール施設の利用はオムツが外れる2~3歳頃からが良いですよ!

それまでは、家庭のビニールプールで水遊びの楽しさを感じられると良いですね。

 

塩素は施設のプールには絶対入ってるので避けることはできません。

入った後の対策をしっかり行うことで肌荒れを防ぐことができると思いますよ!

 

関連記事

赤ちゃんの紫外線対策はいつから必要?紫外線が赤ちゃんに与える影響は?

赤ちゃんの日焼け止めはいつから?効果的な塗り方&きれいな落とし方は?






-未分類, 赤ちゃんの生活
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.