妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんの成長過程

生後7ヶ月の赤ちゃん 身長・体重、成長の特徴

投稿日:

Pocket

生後7ヶ月を迎えた赤ちゃんは、体重の増加が緩やかになります。以前より、視力が発達してきて、いろんなものに興味を持ち、手を伸ばそうとしたり、手先が器用になっておもちゃを持ちかえたりと成長も見られると思います。

今回は、生後7ヶ月の赤ちゃんの身長・体重、成長の特徴などについてまとました。

生後7ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

身長                体重

男の子  65、0〜73、6㎝   6、7〜9、9kg

女の子  63、1〜71、9㎝   6、3〜9、4kg

発育曲線はあくまで目安です。その子なりに身長・体重が増えていれば大丈夫です。この頃になると、ほっそりしている子、ぽっちゃりしている子など赤ちゃんの体格にも個人差が見られます。1ヶ月に300~400gほど増加していれば心配いりません。

 

生後7ヶ月の主な成長の特徴

・寝返りが上手になる

・おすわりが安定する

・「ずりばい」や「つかまり立ち」をし始める子もいる

・両手でおもちゃを持ったり、持ちかえて遊ぶようになる

・人見知りが激しくなる

・声に出して、感情を出してくる

 

成長には個人差があることを忘れずに!

体が発達してきて、「ずりばい」ができるようになってきます。早い子は、つかまり立ちを始める赤ちゃんもいます。動けるようになると赤ちゃんの視界も変わり、赤ちゃんの好奇心を刺激してくれます。中にはハイハイの前につかまり立ちをする赤ちゃんもいます。成長には個人差があるので、まだずりばいもしないからと焦らなくても大丈夫です。一人ひとりの赤ちゃんのペースがあるので、ゆったり見守ってあげてください。

乳歯のケアをしましょう

この頃になると乳歯が生えてきている赤ちゃんもいます。歯が生える時に、かゆかったり、歯茎に違和感があり色々なものを口に入れたがります。歯固めなどのおもちゃを与えると良いでしょう。

乳歯が生えている赤ちゃんは、食事の後は歯の手入れをしてあげると良いでしょう。1〜2本しか生えていない赤ちゃんには、食後にお茶を飲ませてあげたり、濡らしたガーゼなどで歯をふき取ったりしてケアしてください。

歯ブラシを使用する場合は、赤ちゃん用の毛先が柔らかいものにしてください。

 

生後7ヶ月の授乳回数・時間の目安

離乳食を始めている赤ちゃんがほとんどなので、授乳の回数が減少していきます。離乳食をどれくらい食べるかにもよりますが、この頃の1回の授乳量は200〜220mlです。

離乳食あとの授乳も含めると、1日に5~6回授乳します。ミルクの量も生後6ヶ月とほぼ変わらないことが多いでしょう。

 

生後7ヶ月の離乳食

生後5ヶ月から離乳食を始めている赤ちゃんは、離乳食のも慣れてきた頃だと思います。ゴックンが上手にできるようになったら、1日2回に増やしても良いでしょう。

離乳食の形状も、とろとろのペースト状から、少し粒が残っている状態にして食べさせるようにしてみてください。舌で潰せるくらいの形状なら与えても大丈夫ですが、うまく飲み込めないのに食べさせると赤ちゃんにとっては負担になるので、様子を見ながらステップアップしていってくださいね!

この時期も、赤ちゃんの栄養の半分以上は母乳やミルクから摂っていますので、離乳食の後の母乳やミルクはしっかり与えましょう。

食べられる食材が増えてくるので、少しずつ新しい食材にも挑戦して、食べられるものの幅を広げていくとメニューのレパートリーも広がりますよ!素材そのものの味を教えていくためにも、味付けはまだ必要ありません。

 

生後7ヶ月の睡眠時間の目安

生後7ヶ月になると、長い睡眠がとれるようになるので、お昼寝も夜もたっぷりと寝ることができます。しかし、大人の睡眠と同じ時間に寝ていると赤ちゃんの生活が乱れ、昼夜逆転してしまうこともあるので、気をつけましょう。

夜は早くにお布団に入り、部屋を暗くし、朝早くに起きて朝日を浴びせるなど生活にメリハリをつけましょう。

お昼寝も赤ちゃんにとってとても大事です。お昼寝をしっかりしておくことで、夕方に眠たくなることがなくなり、夜にたっぷり寝てくれるようになります。生活のリズムを大切にして過ごすようにしてください。

生後7ヶ月 子育ての注意点

便秘に注意

生後7ヶ月になると、離乳食の量が増えてきます。ペースト状のものから少しずつ粒の残っているものも食べるようになり、ウンチにも様々な変化が出てきます。

離乳食を始めると、水分が不足して便秘になりやすくなりますので、水分補給に気をつけましょう。

また、特定の食べ物を食べると下痢になるようなら、アレルギーの可能性があるので、様子を見ながら与え、気になるようなら与えるのをやめ医師に相談することをオススメします。

おすわりができるようになったら

おすわりが上手にできる赤ちゃんもいますが、頭の重さを支える筋力やバランスがないうちは座れてもグラグラしやすくなります。

後ろに倒れて頭を打ってしまわないように、赤ちゃんの横や後ろにクッションや布団を置いてあげると万が一の時に安心です。

最初から長時間おすわりの姿勢にするのは赤ちゃんに負担があるので、まずは数分に抑えて、しっかり座れるようになったら座る時間を延長するようにしましょう。







-赤ちゃんの成長過程

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.