妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんの成長過程

低出生体重児とは?リスクや原因は?

更新日:

Pocket

生まれてきた赤ちゃんの体重が思っていたより小さかった、という方いらっしゃいますか?検診ではしっかり育っていると言われていても、小さく生まれてくることも。私は36週で急に陣痛がきて息子を出産し、息子もこの低出生体重児でした。病院にいる他の赤ちゃんと並んでいる小さい息子をみると成長や、障害のリスクなど心配でしたが今は元気にスクスク育っていますよ(*^^)

今回は、「低出生体重児」について、原因や障害の影響、成長についてまとめました。

低出生体重児とは?

生まれた時の体重が2500g未満の赤ちゃんのことを『低出生体重児』といいます。その中でも、1500g未満の赤ちゃんを「極低出生体重児」、1000g未満の赤ちゃんを「超低出生体重児」と呼びます。

以前は「未熟児」とも呼ばれていたようですが、誤解を生みやすいということから出生体重という呼び方で分けられるようになりました。未熟児の本来の意味は、「体の機能が未熟な状態で生まれた赤ちゃん」のことをいいます。

低出生体重児の多くは早産(妊娠22週~37週未満)で生まれた赤ちゃんですが、中には40週以降に生まれた赤ちゃんでも発育不全で低体重になることもあります。日本は出生率が年々低下しているものの、低出生体重児の割合は増えていっているそうです。これは、不妊治療による双子や三つ子の赤ちゃんが増えたことや、医療の進歩により、小さな赤ちゃんも助けられるようのなったことが大きな要因としてあげられます。

 

低出生体重児になる原因は?

低出生体重児として生まれる原因はいくつかありますので、紹介していきます。

早産(在胎37週未満で生まれる)

母親が妊娠高血圧症候群、常位胎盤早期剥離、子宮頸管無力症、前置胎盤、また、病気に感染している場合などでお腹から早く出してあげないといけなくなり早産で生まれる赤ちゃんがいます。

また、双子や三つ子なども早く生まれることが多いそうです。

妊娠中の喫煙や飲酒

赤ちゃんはへその緒を通してママから栄養をもらっていますが、ママが喫煙や飲酒をするとママの血管が収縮して赤ちゃんに十分な血液が送られてこなくなり、赤ちゃんが栄養不足になってしまいます。

特に喫煙は血液中の酸素を奪うので、赤ちゃんにあまり酸素がいかなくなり、脳の発育に影響が出る場合があるので絶対やめましょうね!

過度なダイエット

妊娠中はお腹で赤ちゃんを育てているので、赤ちゃんが大きくなるにつれてママの体重も増えていきます。最近のママは痩せ願望が強いので、妊娠中の体重増加を嫌がり、体重が増えないように食事制限をして栄養不足になる方もいるそうです。体重の増えすぎはいけませんが、栄養不足はママと赤ちゃんのどちらにもよくありませんので食事制限はしないようにしましょう。

標準的な体重の女性だと、妊娠前の体重から7~10㎏増えても良いとされています。出産、子育ては体力がいりますのでママの適正な体重増加は望ましいことです(^^)/

 

低出生体重児のリスク

小さく生まれても、妊娠37週以降に入ってから生まれた赤ちゃんは、体の機能がほぼ完成しているので、2000g前後の体重があれば大きな心配はいらないでしょう。

早産で生まれた赤ちゃんの中でも、35週以降に生まれた赤ちゃんは体重や機能も正期産児に近く、特別な医療処置をする必要がなお場合がほとんどです。ほとんどの場合発達に心配はありません。

一方、正期産に入る前に生まれた赤ちゃんは、生まれた時期が早ければ早い程、体の機能が未熟なためいろいろな心配があります。免疫機能が弱いため、黄疸が出やすい、重度の感染症や合併症を起こしやすい可能性があります。

正期産に比べてリスクが高いといわれているもの

・貧血  ・黄疸  ・慢性肺疾患  ・無呼吸発作

 

知能・体の発育への影響は?

在胎週数35~37週未満の低体重児は、発達も成長も正期産児とほとんど変わらないといわれています。

学齢に達した超低出生体重児の知能指数は、正期産児と比べてやや低いと言われていますが、2~3割は正常に発達し、6歳時点で約8割が普通学級で、学校生活をおくっているようです。

ただし、体の機能が完全に出来上がる前に生まれてくると、正期産と比べて注意欠陥多動性障害、学習障害、聴力障害などになりやすい傾向があるとされています。

特に、在胎週数28週未満だった赤ちゃんは、脳性麻痺や精神発達の遅れ、視力障害などのリスクが高く、長期にフォローが必要な場合があります。

 

小さく生まれても赤ちゃんの成長発達には個人差がありますので、周りの赤ちゃんと比べず、一人ひとりの成長を長い目でみてあげてくださいね(^^)/







-赤ちゃんの成長過程

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.