妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんのケア

赤ちゃん用の石鹸はいつまで使う?大人と同じものを使う時に気をつけることは?

投稿日:

Pocket

赤ちゃんは大人よりの体温が高く、汗や皮脂もたくさん分泌されるので、毎日お風呂に入れてあげる必要があります。
新生児の頃は沐浴でベビーバスなどで洗う方がほとんどで、沐浴剤だけで済ましていた方もいるかもしれませんが、生後1か月を過ぎると大人と一緒のお風呂に入れるようになります。

大人と一緒にお風呂に入るようになったら、赤ちゃんの身体を洗う石鹸も大人と同じものを使っても良いのでしょうか?
赤ちゃん用の石鹸を使っている方は、いつまで赤ちゃんを使ったら良いのか迷う方もいるようです。

赤ちゃんの石鹸はどんなものを使えば良いか、大人で一緒でも良いのかなどまとめましたので参考に読んでみてください。




赤ちゃん用の石鹸ってどんなもの?

赤ちゃん用の石鹸とは?

赤ちゃん用の石鹸は、赤ちゃんの髪や身体を洗うための石鹸です。
赤ちゃんは肌が弱くとってもデリケートなので、少しの刺激でも肌が荒れてしまうことが多いのです。
赤ちゃんの肌を構成する細胞自体がまだ小さい状態で、そのため乳児の皮膚の厚さは大人の半分から3分の1程しかありません。

赤ちゃんの敏感な肌の為に作られた石鹸は、天然成分(オーガニック成分)で作られていたり、乾燥しやすい赤ちゃんの肌のために保湿成分が入っていることが多いのです。無添加・無香料・無着色などできるだけ刺激にならないように余分なものは入れられていません。

 

赤ちゃん用の石鹸は絶対に必要?

新生児の頃は沐浴剤だけでも良いと言われていますが、汗や皮脂もたくさん出るので、毎日石鹸で洗った方がよいと言われる産院の先生や小児科の先生も多いようです。

沐浴剤には、赤ちゃんの肌表面に膜を作って、皮膚を保護したり保湿・保温を高める効果があると言われています。
お湯で洗うだけでも汚れは落ちますが、沐浴剤は汚れを落とす目的では期待できないと言われています。

『赤ちゃん用』として売られているものは、要するに「無添加で低刺激なせっけん」ということになります。

売られている石鹸の中には、赤ちゃん用と表示されていなくても無添加で低刺激のものがあります。
そういった石鹸であれば、赤ちゃんも使うことができるのでわざわざ「赤ちゃん用」の石鹸を買わなくても良いでしょう。

その一方、香料・化学製品・鉱物油・保存料など様々な薬品や添加物が含まれているものも多くあるのも事実です。
いろんな自然でない成分が入っていると、デリケートな赤ちゃんの肌に使った時に洗浄成分が強すぎて肌が荒れてしまったり乾燥しすぎることがあります。また、成分に負けて肌が赤くなったり、湿疹ができたり肌トラブルが起こることもあります。

成分を見ても分からないことも多く、そういった方は『赤ちゃん用』と書かれているものを使用する方が安心だと思います。

 



赤ちゃん用の石鹸はいつまで使う?

赤ちゃんの肌が出来上がるまで2、3年はかかる

赤ちゃんは脳も体も未熟な状態で生まれてきます。成長と共に言葉が話せるようになったり、歩けるようになったり大人と同じようなことができるのには時間がかかります。それと同じように肌も未熟な状態で生まれてくるとされ、大人のようにしっかりとした肌になるまでには2、3年の時間がかかるともいわれています。

成長と共に肌も厚く、丈夫になってくるので様々な刺激から自分の身体を守るようになっていきますが、それまではできるだけ刺激を与えずにケアしてあげることが大切になってきます。

赤ちゃん用の石鹸はいつまで?

一般的な大人のボディーソープ、シャンプーは大人が使いやすいように香料が入っていたり、合成界面活性剤(洗浄剤)がはいっていたりするものが多くようです。
赤ちゃんに同じものを使わせようと思っている方は最低でも2歳まではやめておいた方が安心だと思います。それまでは低刺激の無添加のものを使うようにしてください。

しかし、赤ちゃんの体の成長に個人差があるように、肌の丈夫さにも差があります。
大人になっても肌が敏感な方も多いですよね。
「うちの子は肌が荒れたことがないし、丈夫だから大丈夫そう!」と思われるなら、一度試しに少し使ってみると良いと思います。肌が荒れたり、赤くなったりしなければ使っても問題ないと思います。

低刺激のものを新生児から一緒に使うのもあり!

中には、赤ちゃんが生まれる前から低刺激で無添加の肌にやさしい石鹸を使っているご家庭もあると思います。
そのような場合は、あえて「赤ちゃん用」の石鹸は必要なく、赤ちゃんにも同じ石鹸を使っても良いと思いますよ。

または、赤ちゃんが生まれたことをきっかけに家族全員が肌に優しい石鹸に変えたという家庭もあるようです。

おうちで使っていた低刺激ものを赤ちゃんに使ってみて、肌が荒れてしまったり合わないようなら、「赤ちゃん用」のものに変えてみるということもできますので、赤ちゃん用の石鹸を準備しようか考えているならまずは使ってみてからでも良いと思います。

大人と同じものを新生児や生後1か月から使っている方も意外と多いようですよ。
参考にこちらの先輩ママさん達の書き込みを見てみるとよいです。→発言小町



大人と同じものを使う時に気をつけることは?

2歳までは肌がまだ完成していないとお伝えしましたが、それまでに大人と同じ石鹸を使うならどういったものを使ったら良いのでしょうか?また、使う時に気をつけることも合わせてまとめました。

肌に優しい無添加石鹸を!

天然成分(オーガニック成分)で作られていたり、無添加・無香料・無着色などできるだけ刺激にならないように余分なものが入っていない肌に優しいことが絶対条件です!液体のものよりも、固形石鹸のほうが余分な成分が入っていないので、おすすめです。

肌への刺激となることが多いのは、合成界面活性剤、合成着色料、防腐剤などの合成化学物質です。
これらが入っていない石鹸を『無添加石鹸』といいます。

無添加石鹸は、刺激の強い成分を含まないため、肌に負担をかけずに洗浄することができます。また、体に必要な皮脂は残してくれるため、潤いが持続しやすく敏感肌の人でも使いやすいのがメリットです。

 

石鹸を選ぶ時には、成分表をチェックして何が「無添加」なのかを確認してください。また、天然の保湿成分(グリセリンやオイル)が入っているものがおすすめです。
何のオイルが使われているかも確認すると安心ですね!

※「ミネラルオイル」と書かれているものもありますが、これは「鉱物油」のことです。肌に良くありませんので避けましょう!

 

しっかりと泡立て、優しく手で洗う!

赤ちゃんに肌はとってもデリケート!スポンジやタオルでゴシゴシ洗うのはNGです!

洗顔などで使う泡立てネットなどを使用してふわふわの泡を作り、優しく手で洗うのが1番です。
本当は大人もこのように洗うのが肌の為には良いのですよ!

泡を赤ちゃんの体にぬるだけでなく、手のひらと指の腹でやさしくていねいに洗っていきます。腕や足のくびれや耳のうしろ、指の間なども忘れずに洗ってあげてください。

最後はぬるめのお湯でしっかりと泡を洗い流してください。(38℃前後のお湯)
熱いお湯は、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌を乾燥させてしまいます。

すすぎ残しも肌トラブルの原因になることがあるので、しっかりと洗い流してくださいね。

 

まとめ

赤ちゃんの肌はとってもデリケートですが、大人も低刺激の肌に優しい石鹸を使えば一緒の石鹸で洗うことができますよ。
化学製品が入っているものは安価で手に入りやすい反面、肌への負担もありますので赤ちゃんには注意して、使うなら2歳以降にしておくことが無難でしょう。

お風呂上がりの保湿もしっかりとしてあげてきれいな肌が保てるようにケアしてくださいね。






-赤ちゃんのケア
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.