妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




妊娠中 過ごし方

妊婦が自転車に乗っていいのはいつまで?赤ちゃんへの影響や流産の危険性は?

更新日:

Pocket

「フリー素材 女 自転車」の画像検索結果

妊娠するとお腹の赤ちゃんのことを考えていろんなことを制限しなければなりません。
車を運転しない方にとって便利な自転車は、近所に買い物に行ったり、重い荷物を運ぶのにも役立ちますよね。お子さんの送迎に使っている方も多いと思いますが、妊娠中は乗っても良いのでしょうか?

私も妊娠している時に、いつまで自転車に乗って良いのだろうと様々な先輩ママたちの口コミサイトなどを見てまわりました。同じような疑問をお持ちの方もいらっしゃると思いますので、ぜひ参考に読んでみて下さい。




妊婦が自転車に乗っていいのはいつまで?

妊娠中に自転車に乗らない方が良いと聞きますが、明確にはいつまでなら乗っても良いということは決められていません。
妊娠したことに気付いた時点で、自転車に乗ることには注意が必要になってきます。

妊婦が自転車に乗ることについては様々な意見があり、乗っても良いと言われる産院の先生もいるので、その理由などもまとめました。

 

妊娠中に自転車に乗ることを控えた方がいい理由は?

妊娠するとはじめは見た目にはあまり変化がありませんが、体の中で大きな変化が起きています。
妊娠中に自転車を控えた方が良いとされる理由を以下にまとめました。

・妊娠中はホルモンバランスが変化して、注意散漫になり、反射神経も鈍くなりケガや転倒の恐れがある。

・自転車のペダルを踏むときに腹圧がかかる

・乗っている時の振動が支給を刺激するとお腹が張りやすくなる。

・妊娠後期でお腹が大きくなってくると、バランスが取りづらくなり転倒の恐れがある。また、お腹を蹴ってしまう可能性も。

などの理由から妊娠中は控えるようにいわれています。

お腹が大きくなければ大丈夫なのでは?
と思う方もいるかもしれませんが、妊娠初期は体に中では大きな変化が起きていて、つわりなどで体調が安定しないこともあり、注意力が散漫になるといわれています。また、流産も起こりやすい時期なので注意が必要です。

また、安定期の妊娠中期も、体のバランスが変化することに加え、体内の血液量が増えるので少しの動作でも動機や息切れなどが起こり心臓や肺に負担をかける可能性があります。

 

妊婦でも自転車に乗っても大丈夫と言われる理由は?

自転車をこぐ動作は特に影響がない

平らな道を自転車で乗る程度なら、特に赤ちゃんには影響はないという意見も。
赤ちゃんは羊水に包まれているので、羊水に守られているので振動は影響しない、こぐ動作も出産に悪影響はないといわれる意見もあります。

 

海外では気をつけながら乗っているところも

アメリカでは、妊婦が自転車にのることは適した有酸素運動であるとされており、ゆっくりとしたペースで安全性に気をつけながら乗られているようです。

 

筋肉、体力がつく

自転車をこぐという行為は、骨盤周辺の筋肉や太ももなど脚の筋肉をつかいます。
妊娠中は運動しなくなる方が多いので、お産のための体力をつけるのに良いと言われることもあります。



自転車に乗ることで母体や赤ちゃんへの影響は?流産の危険性は?

自転車に乗ることで母体や赤ちゃんにはどういった影響があるのでしょうか?

お腹が張りやすくなるので、早産になることも

自転車に乗ることで、振動が直接骨盤に伝わってきます。
振動は羊水に包まれているので赤ちゃんの成長などには特に影響はありません。

しかし、骨盤が作られて不安定な妊娠初期は骨盤が歪んでしまう可能性があります。
骨盤が歪むと、腰痛になりやすくなるといわれています。

また、お腹が大きくなってくる妊娠後期には、お腹が張りやすくなる時期なので自転車の振動でお腹が張ってしまい早産につながる恐れがあります。

自転車での転倒や衝突などでお腹をぶつけてしまう危険も

妊婦が自転車にのることは、転倒や衝突のリスクがあるということです。
こちらは気をつけてゆっくりこいでいても、向こうからぶつかって来られることも少なくありません。特に小学生などは勢いよく自転車で走ってくることが多いです。

勢いよく転倒すると体に大きな衝撃が加わり、流産や早産につながり、おなかの赤ちゃんに影響する場合もあります。

近くまでだから大丈夫と思っていても、いつ何が起こるか分からないので、そのようなリスクを背負いたくないなら自転車には乗らない方が良いでしょう。

自転車に乗ることがおなかの赤ちゃんに直接影響することはなさそうですが、自転車に乗ることには何らかのリスクがあるということです。



妊娠中に自転車に乗る時に気をつけるポイント

妊娠中に自転車に乗らない方が良いと分かっていても、どうしても自転車に乗らないといけない時もあると思います。
そんな時には、いろんなことに注意して乗ってほしいと思いますので、妊婦さんが自転車に乗る時に注意するポイントをまとめました!

■サドルは両足がつく高さにする
何かあった時にすぐに止まれるように、足がしっかりつく高さにしましょう。

■体調の良い時に短時間
気分のすぐれない日に乗って、急に体調が悪くなってはいけないので。体調が悪い日は乗らない方が良いでしょう。また、長時間は身体に負担がかかります。

■天候の良い日に 
風が強かったり、暑い日は身体への負担が大きいので乗るのはやめましょう。強風で転倒の恐れもあります。

■安全で平らな道を運転しましょう
できるだけ平らな道を運転する方が振動が少ないです。上り坂はお腹に圧がかかるので、自転車から降りておして歩くようにしてください。下り坂はスピードの出し過ぎに注意!

■スピードを出さず、ゆっくりとこぐ
急いでいて他の自転車や歩行者にぶつかる可能性がありますので、ゆっくりと。

■駐輪場は余裕のある場所にとめる
自転車がたくさん止まっている駐輪場にとめると、お腹が他の自転車にあたってしまうことがあります。自転車の管理をしている人がいれば動かしてもらえるようにお願いしてください。

 

まとめ

・妊娠中に自転車に乗ってはいけない時期は特に決まっていないので、自己判断で!

・自転車での転倒や衝突、自転車の振動で流産や早産の可能性がある

・自転車に乗る時にはゆっくりとしたスピードで、体調・天候の良い日に短時間だけ

 

妊婦が自転車に乗ることには賛否両論がありますので、自己判断で乗るようにしてください。
できれば乗らない方がリスクを少なくできます。心配な時は産院の先生に相談してみても良いと思いますよ。

 

関連記事

妊娠中に太りすぎると?出産の危険性やリスクを高める?!

切迫早産の症状や原因は?赤ちゃんへの影響は?予防はできるの?






-妊娠中 過ごし方
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.