妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




妊娠中のトラブル・病気

妊婦の恥骨痛はいつからいつまで?和らげる方法は?

投稿日:

Pocket

妊娠しておなかの赤ちゃんが大きく成長していくと、ママの体には様々な変化が現れます。
ママの体のいたるところに負担もかかり痛みを感じることもあるでしょう。

妊娠中に「恥骨」が痛くなった方も多いようで、私もその一人。特にお腹が大きくなってくる妊娠後期には歩くだけで痛みが出る方もいるようです。
今回は、恥骨痛の原因や症状、痛みを和らげる方法などをまとめました。




妊婦の恥骨痛の原因は?

恥骨ってどこの部分?

恥骨という名前は聞いたことがありそうですが、一体からだのどのあたりの部分かご存知でしょうか?

恥骨はおへそからまっすぐ下に向かっておりた股あたりに硬い部分があります。そこが恥骨と呼ばれる部分になります。
恥骨は、骨盤の一部で、腰や、ふとももの付け根の骨などと、一体のものです。
骨盤は、恥骨のところで、まんなかから左右に分かれており、その部分を恥骨結合という組織が、のりのようにくっつけています。(骨盤が輪になっていて、輪の一部が切れた状態)

恥骨痛の症状は?

股のあたりが痛むけどこれって恥骨痛?普段なら痛みを感じない場所なので、初めての方は恥骨痛がわからないことも。どういった症状が当てはまるのでしょうか?

【恥骨痛の症状】

・生理痛のような痛み(チクチク、ズキズキ)
・起きた時に下半身に痛みが出る
・歩くと下半身が痛い
・寝返りをうつだけで痛い

など人によって様々ですが、足の付け根あたりが痛くなることもあるようなので、痛みが出たときは無理をせず休むようにしましょう。

原因① 骨盤が広がりが痛みにつながる

女性が妊娠すると、大きくなっていく子宮をしっかりと支えるために骨盤が開いていきます。
その時に骨盤の結合部が開いたり引っ張られることで痛みを感じるようです。
妊娠後期になると赤ちゃんも大きくなり、それに伴い骨盤への負担も増えて痛みを感じる方が多いようです。

 

原因② ホルモンの影響も

また、妊娠すると分泌される「リラキシン」というホルモンの影響も恥骨痛には関係しています。

リラキシンとは、女性ホルモンの一つで女性はみんな分泌されていますが、妊娠すると分泌量が多くなります。靭帯を緩める働きを持っているので、赤ちゃんを出産するときに産道を通りやすくする役目もあり、妊婦には必要なホルモンなのです。

分泌量が増えることにより恥骨が痛くなる方がいるようで、妊娠中は恥骨痛を感じる人が多いのです。

原因③ 赤ちゃんによる圧迫

臨月になると恥骨の痛みがピークに達します。出産が近づくと赤ちゃんがどんどん子宮口の方に下がってきて、ママの骨盤に頭をおしつけてきます。
赤ちゃんが下がれば下がるほど恥骨のあたりが圧迫されて足の付け根の辺りに痛みを感じる方が多くいます

 

経産婦は特に注意!

初めて妊娠されている方よりも、一度出産されている方の方が恥骨痛を感じやすいといわれています。

その理由は、全回のお産の後に骨盤が閉まりきっていなかったことが原因と言われており、恥骨の結合部なども緩くなってしまっています。そんな骨盤に赤ちゃんの重みが加わり痛みを感じやすくなるそうです。

 

妊婦の恥骨痛はいつからいつまで?

いつ頃から痛みが起こるの?

恥骨痛は妊娠後期だけでなく、早い方なら妊娠初期からでも恥骨痛を感じることもあります。妊娠するとママの体の中では日々赤ちゃんを育てる環境を作るために身体が変化しています。先ほどお伝えしたホルモンによる影響が大きいとされています。

多くは妊娠後期から痛み出す方が多いようです。お腹に重みを感じるようになったということはそれだけ骨盤にも負担がかかっているということです。大きなお腹を支えいますが、起き上がったときや、歩いた時に骨盤が動くことによって痛みが出るようです。

臨月が一番痛みを感じやすいので注意しましょう。

恥骨痛はいつまで?

だいたいの方は出産と共に恥骨痛がなくなりますが、人によっては産後も痛みが続く方もいるそうです。個人差はあるようですが、産後1ヶ月までには痛みかま治ることが多く、長くても産後半年ほどで痛みがなくなるようです。

産後は広がっていた骨盤がゆっくり元の状態に戻っていこうとしています。出産で骨盤が歪んでしまっている人はその歪みによって痛みを感じることがあります。

痛みが産後1ヶ月以上続くようなら、医師に相談する方が良いので、早めに受診しましょう。



妊婦の恥骨痛を和らげる方法は?

姿勢を良くする
猫背の方が座ると恥骨の上にお腹の上半身の重みが加わり、痛みがでるそうです。
背筋をのばし、骨盤を立てるイメージで座ると重みが恥骨に集中しなくなります。

 

ストレッチ・体操を取り入れる
安産体操や骨盤体操が恥骨痛に効果があるそうです。痛くない時に、無理せずゆっくり行なってみてください。

【ストレッチ①】
1.仰向けに寝て両膝をくっつけたまま曲げる
2.足をくっつけたまま左右の膝を床に近づける。
※痛くならない程度の動きで◎

【ストレッチ②】
1.肩幅に足を開いて立ち、両手を腰にあてる
2.腰を左右10階ずつ大きく回す
無理なくおこなってください

検索すると他にもストレッチや体操はたくさんあるみたいですよ!行いやすいものを取り入れてください。

動作をゆっくり
痛みの原因は、骨盤の結合部が開いたり引っ張られることによって起こっています。
激しく大きな動作は痛みを引き起こしやすくなりますので、ゆっくりと動くようにしましょう。

歩くだけで痛みを感じるようなら、できるだけ小股でゆっくり移動するようにしてみてください。

 

痛みがあるときは体を休ませる
恥骨の結合部が開いたり引っ張られないようにゆったり安静にしていれば、痛みを感じることも少なくなるでしょう。
痛みを感じたり、違和感があるなら、無理に動かず楽な姿勢になり体を休めてください。

ずっと同じ姿勢で座り続けることは骨盤の歪みにもつながりますので、適度に姿勢を変えて座るようにしましょう。

 

寝るときはクッションを股に挟む
寝る時には仰向けになると恥骨が痛むことが多いので、横向きに寝る方がよいでしょう。
柔らかくて大きめのクッションや抱き枕などを股に挟むことで恥骨のあたりが安定して痛みが和らぎますよ。

 

骨盤ベルトをする
骨盤ベルトをすることで、骨盤の位置が安定するので痛みを和らげることができます。
付け方を間違うと血流を悪くしたり、効果が感じられないこともあるので、正しく装着してください。産後の恥骨痛にも効果的なようです。

 

まとめ

・妊婦は恥骨痛が起こりやすい

・恥骨は妊娠後期になって起こることが多く、臨月にピークを迎える。

・痛いときは無理せず安静にするのが1番!ゆったりした動作を心がけましょう

 

自分に合った痛みがなくなる姿勢を見つけて、ゆっくり動くことで恥骨痛を和らげて過ごしてくださいね。

関連記事

妊娠中に抱き枕は必要?効果的な使い方や人気なものは?

妊娠中に太りすぎると?出産の危険性やリスクを高める?!






-妊娠中のトラブル・病気
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.