妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃん 離乳食

赤ちゃんの手づかみ食べは必要?手づかみ食べをしないなら練習はいつから?

更新日:

Pocket

赤ちゃんは母乳やミルクを飲み、成長するにしたがって離乳食を食べるようになります。
いつかは自分で食べられるようならないといけませんが、そのためには練習が必要です。

手づかみ食べをして自分で食べるようになってほしいと思っているのに、赤ちゃんが嫌がって食べないと悩んでいたり、どのように手づかみ食べの練習を始めようか考えている方もいるでしょう。

赤ちゃんが成長する中で、そもそも手づかみたべは必要なのでしょうか?

赤ちゃんの手づかみ食べについて悩んでいる方は読んでみてください(^ ^)




赤ちゃんの手づかみ食べは必要?

赤ちゃんはいつから手づかみで食べるようになる?

赤ちゃんは生後半年5〜6ヶ月頃から離乳食を食べるようになります。はじめはトロトロのペースト状からスタートし、少しずつかたさのあるものが食べられるようになってきます。

生後9ヶ月頃の離乳食後期になると、歯茎でしっかりカミカミできるようになってくるのである程度かたさがあるものでも食べらるようになります。

離乳食を食べていくうちに、食べ物に興味をもったり、食べることが好きになっていき自然と食べ物に手を伸ばすようになります。

やわらかすぎるものは手でつかめませんので、ある程度のかたさがあるのものを食べられる離乳食後期の生後9ヶ月以降に手づかみ食べを取り入れると良いでしょう。

特に手づかみ食べを始める時期は決まっていませんが、9ヶ月頃には赤ちゃんの手先も動くようになって、ものを上手につかめるようになってきます。小さい粒は掴んで口に運ぶのが難しいので、大きめなものであれば手づかみできますよ。

赤ちゃん用のおやつは、赤ちゃんがつかみやすく作られていますので生後7か月頃くらいから手づかみで食べることができると思います。

1歳になってから手づかみを始めたという方もいますし、焦らなくても大丈夫ですよ。

 

手づかみ食べは絶対必要?

手づかみ食べは絶対に必要かと言われると、そうではないかもしれません。赤ちゃんが成長するうちに自然と手づかみで何かを持ったり、つかんだりは必ずするようになります。

離乳食を自分で食べるようになるのには時間がかかりますが、手づかみをせずにスプーンに興味を持ちスプーンで食べるようになる子もいます。絶対に手づかみをさせないといけないということはありません。

赤ちゃんの時に手づかみをしなくても、幼児食になるとおにぎりやサンドイッチなど手で食べることができることがほとんどです。赤ちゃんの内は自分の食べやすい食べ方で食べさせてあげるとよいでしょう。

 

手づかみ食べのメリット・デメリット

手づかみ食べをすると赤ちゃんの発達に良い、ということを聞いたことはありませんか?
手づかみ食べにはメリットがたくさんあります。

【メリット】

手で食べ物に触ることで、食べ物のかたさや温度などの感触を知り脳への刺激になると言われています。手でぐちゃぐちゃにしたりして、遊んでいるように見えますが、赤ちゃんなりに色んな情報を吸収している行動なのです。

手づかみで食べることで、自分で食べることができたという達成感が味わえ、食べることへの意欲につながります。

また、はじめは大きなものしかつかんで食べられなくても徐々に小さいものをつかめるようになります。
手づかみ食べは手先の動きの発達にも良いですよ。

 

【デメリット】

赤ちゃんに手づかみ食べをさせると、赤ちゃんが自分で食事を食べるので机や赤ちゃんの服は汚れてしまいます。床にもたくさん食べカスが落ちて、片付けが大変というママの声がたくさん…。

手づかみ食べがイライラする原因のママも多いようで、汚れるのが嫌だから手づかみ食べさせたくないという方もいらっしゃるようです。

 

赤ちゃんが手づかみ食べしない時はどうする?

手づかみしない理由は?

ママが手づかみ食べをしてほしい思っていても赤ちゃんが手づかみで食べてくれない場合には、どのような理由が考えられるのでしょうか?

食べものに興味がない

食べ物自体にあまり興味がないと、自分から食べようとしないことが多いです。ママが赤ちゃんの手に持たせてようとしても嫌がるようなら、無理にさせないように。

 

手先の運動機能がまだ発達していない

赤ちゃんの発達には個人差があります。月齢が大きくなっていても、手先がうまく使えない赤ちゃんもいるので赤ちゃんの様子を見て手づかみをさせてみてください。

 

お腹がすいていない

前の食事から時間があいていなかったり、途中でおやつを食べたりするとお腹が空いていないことがあります。しっかりお腹が空いている時に手に持たせて食べるかどうか試してみましょう。

 

食べさせてもらうのが好き

ママやパパに食べさせてほしいという思いから、自分で食べることを嫌がる場合があります。その場合は無理に自分で食べさせずに、甘えさせてあげると良いと思います。



赤ちゃんが手づかみを嫌がった場合は?

赤ちゃんが嫌がった場合には、無理に手づかみをさせる必要はありません。

赤ちゃんがごはんを食べてくれることが1番ですので、食べることが嫌になってしまわないようにしましょう。無理に自分で食べさせようとしてママがイライラ怒ったりすると、ごはん=楽しくない、嫌い、となってしまうかもしれません。

手づかみをしてほしいと思っているのなら、ごはんではなく、食べやすいおやつなどを手につかませてあげると良いでしょう。

 

赤ちゃんの手づかみ食べの練習はいつから?どんな方法がある?

いつから練習をすればいい?

手づかみ食べの練習を始めるのは、離乳食が3回になる離乳食後期の生後9ヶ月以降が良いでしょう。

食べ物がある程度かたくても食べられるのうにならないと、手でつかみづらいのです。
また赤ちゃん自身も柔らかいものはつかみたがらないことが多いです。

おやつで手づかみを取り入れるなら生後7か月頃からが良いと思いますよ。

1歳から1歳半くらいでスプーンやフォークを使い始めるので、スプーンなどで食べるようになる前には手づかみ食べをたくさん経験させてあげてください。

手づかみ食べの経験から、口に入れる食べ物の量や、かたさ、熱さなど学んでいきます。
スプーンやフォークが上手に使えるようになるのは2歳前後と言われていますので、スプーンが上手に使えなくても手づかみである程度自分で食べられると赤ちゃんもストレスなく食べることが出来ると思います。

 

手づかみ食べの練習の方法は?

【つかみやすいものを準備する】

かたくて長めのものがつかみやすく食べやすいですよ。1回の食事に1~2品手づかみできるものを準備してあげると良いでしょう。たくさん作るのはママも大変なので、1品でもOKですよ。

オススメは、野菜スティックです。アスパラ、にんじん、大根などやわらかく茹でてそのままつかんで食べます。
他には、

・おにぎり
・サンドイッチ
・パン
・卵焼き
・お焼き

などもつかみやすくて食べやすいですよ!

 

【ママが食べているところを見せる】

ママやパパなど大人が手づかみで食べている姿を赤ちゃんに見せてあげましょう。赤ちゃんは真似をするようになるので、一緒になら楽しく食べられるかもしれません。

 

まとめ

・手づかみ食べは必ず必要ではないが、赤ちゃんの発達に良い影響があるので嫌がらなければさせてみましょう

・手づかみ食べの練習は、生後9か月以降が◎つかんで食べられるメニューを準備してあげましょう

・手づかみ食べを嫌がったら無理やりはNG!食事は楽しく食べられるように、赤ちゃんのペースですすめてください

 

大きくなると自然と手を使って食べれるようになりますので、焦って練習しなくても大丈夫です。楽しく食事することを1番に考えて進めていきましょう!

関連記事

赤ちゃんが離乳食を食べないときはどうしたらいいの?食べない理由は?

赤ちゃんの歯磨きはいつから?歯磨きの方法や回数、歯磨きを嫌がったら?






-赤ちゃん 離乳食
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.