妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんのケア

赤ちゃんのスキンケア いつからいつまで?

更新日:

Pocket

赤ちゃんのお肌はすべすべプルプルなイメージがありますよね。実は、赤ちゃんのお肌は刺激に弱く、思っている以上に乾燥しており、ちょっとしたことで肌トラブルを起こしてしまいます。赤ちゃんにきちんとスキンケアしてあげることで肌トラブルを防ぐことができます。

今回は、赤ちゃんのスキンケアについてまとめました。

赤ちゃんの肌の状態は?

赤ちゃんの肌の薄さは大人の半分以下です。皮膚が薄いため、水分をキープする角質層も薄く、乾燥しやすいという特徴があります。

生まれた直後は、お母さんのホルモンの影響で皮脂分泌が多い赤ちゃん。しかし、生後3カ月頃を過ぎると急激に皮脂分泌が減ってきます。そのため、赤ちゃんの肌は大人よりずっと水分量が少ない状態になっています。

大人より皮膚が薄く、水分量・皮脂量の少ない赤ちゃんの肌は、バリア機能が未熟でとても敏感です。乾燥や刺激に弱く、かゆみやかぶれなど肌トラブルを起こす赤ちゃんがたくさんいます。

 

赤ちゃんのスキンケアは必要なの?

先ほどもお伝えしたように、赤ちゃんの肌はとても薄く敏感です。赤ちゃんのデリケートなお肌を守るためにスキンケアはとても大切です

保湿剤を使ったら、赤ちゃんの肌を甘やかしてずっと保湿しないといけない肌になるのではと思う方もいるかもしれませんが、それは違います!

少し前は生後2カ月までは保湿は必要ない、という考え方が一般的でしたが、最近はその考え方も変わってきています。赤ちゃんのバリアとなる表皮も、大人の半分くらいしかないので、ばい菌やほこり、花粉、化学物質などから守ってあげる必要があります。

 

赤ちゃんのスキンケアはいつからいつまで?

赤ちゃんの保湿ケアは生まれてすぐから、3歳頃まで続けます。

出産後、退院してすぐに始めるのが良いでしょう。適切なお手入れを続けていると肌も丈夫になり、大人になってからの美肌にもつながるそうです。

赤ちゃんの肌はママのおなかの中で様々なものから守られてきましたが、生まれたとたん、ばい菌や紫外線、乾燥などあらゆる刺激にさらされ、肌トラブルが起こりやすくなります。

3歳なで肌トラブルを繰り返さないことはとても大事で、3歳頃まで繰り返さなければ、その後もトラブルが起こりにくい健康な肌になります。3歳頃になると肌バリア機能が整うので、3歳までは保湿をしっかりしてあげましょう。

 

赤ちゃんのスキンケアの方法、ポイントは?

月齢によって赤ちゃんの肌状態は変化します。それにしたがってスキンケアの方法も変わってきますので、紹介していきます。

生後2カ月頃までのスキンケア

月齢の低い赤ちゃんは、皮脂分泌が盛んなので、お風呂でしっかり汚れや余分な皮脂を落として清潔にしてあげてください。入浴は、基本的に毎日行いましょう。

特に、顔と頭は皮脂が多いので、石鹸をよく泡立ててしっかりと丁寧に洗ってあげてください。洗い残しがあると肌トラブルのもとになるので、しっかりお湯で洗い流してください。

関節・首や腕のしわなどは汚れが溜まりやすいので、入浴の時には手や指でしっかりと汚れを落としてあげましょう。

入浴後はベビーローションやワセリンなどで軽く保湿をします。顔や頭にはつけすぎないように注意してください。この時期の余分な油分は肌トラブルの元になることもあるので気をつけましょう。

 

生後3カ月以降のスキンケア

だいたい生後3~4か月頃になると、赤ちゃんの皮脂分泌量は急激に下がります。その量は大人の半分以下となり、とても乾燥しやすくデリケートな肌になります。生後3カ月以降のスキンケアは保湿を中心に行うのがポイントです。

これまでの入浴の時と同様、汚れや汗をしっかり洗い流しましょう。お湯が熱すぎると皮脂が落ちやすくなり乾燥を促進してしまいますので、ぬるめの38℃くらいで入れてあげるのが良いでしょう。

あまりに乾燥しているようなら、少し石鹸で洗うのを控えても良いと思います。石鹸で皮脂を落としすぎたり、刺激で肌トラブルにつながることもあるので、赤ちゃんの肌を観察して対応しましょう。

お風呂上がりは、体を拭いたらすぐに保湿をしましょう。入浴後の皮膚は乾燥が一気に進み、かゆみが出ることも。入浴後の肌の潤いを保てるようにしてくだいね。

 

離乳食が始まると、口の周りを拭くことも多くなります。繰り返し拭きとることで赤みが出たり、荒れたりする赤ちゃんもいますので、拭いて清潔にした後はその都度、保湿をするように心がけましょう。







-赤ちゃんのケア

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.