妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃん 離乳食

赤ちゃんのフォローアップミルクはいつからいつまで必要?飲ませ方は?

更新日:

Pocket

赤ちゃんの離乳食が進んでくると、食でムラがあったり、好き嫌いをしたりして栄養がちゃんととれているか心配になる方も多いと思います。離乳食が3回になる9か月ころから『フォローアップミルク』を飲ませた方が良いということを聞いたことがあるママもいるかもしれませんが、いつからどのように飲ませると良いのでしょうか?そもそもフォローアップミルクは赤ちゃんに必要なのか・・・?

今回は、フォローアップミルクについてまとめました。




フォローアップミルクとは?赤ちゃんには絶対に必要?

赤ちゃんのフォローアップミルクとは?

フォローアップミルクは粉ミルクの一種で、離乳食で不足する栄養を補うために成分調整されたミルクです。母乳や粉ミルクの代用品ではなく、牛乳の代用として開発されたものです。

フォローアップミルクには様々な種類があり、不足しがちな鉄分、ビタミン、カルシウムなどをバランスよく配合したもので、メーカーによって少しずつ味や飲み口なども異なるようです。

赤ちゃんの牛乳の飲用は1歳以降とされていますが、フォローアップミルクは生後9か月頃から使うことができるものです。

赤ちゃんの粉ミルクとフォローアップミルクの違いは?

赤ちゃんはが生まれてから飲んでいる育児用の粉ミルク、それだけで体に必要な栄養分が摂取できるので、『完全栄養食品』と呼ばれています。母乳が出なかったり、足りなかったりすると赤ちゃんは粉ミルクを飲んで栄養をとり、しっかり赤ちゃんが育つように消化吸収も良く、栄養も母乳に近づけられています。

それに比べ、フォローアップミルクは粉ミルクに比べて厳密に成分調整をしていないので安価になっています。また、粉ミルクほど消化はよくないようです。栄養は不足しがちな鉄分やカルシウムを強化してあり、逆に離乳食で取りやすい糖質、脂質は少なめになっています。

 

大体の飲ませる時期は

粉ミルク・・・出生~1歳頃
フォローアップミルク・・・離乳食3回~3歳まで

と言われています。

 

赤ちゃんにフォローアップミルクは絶対に必要なの?

フォローアップミルクは、すべての赤ちゃんには必要なものではありません

お肉や魚、野菜などバランスよく食べていて、母乳やミルクを飲んでいるのであれば切り替える必要はないと思います。
昔はフォローアップミルクというものはなくても、健康に赤ちゃんが育ってきていますし、母乳やミルクでもしっかり栄養が補えます。

母乳ではなく、ミルクをあげているなら、粉ミルクがなくなったタイミングで栄養の偏りが心配ならフォローアップミルクを試してみても良いでしょう。

母乳が出ていて、鉄分、カルシウム、ビタミンなどを離乳食で摂取できているのであればあえてあげなくても良いでしょう。

 

赤ちゃんにフォローアップミルクを飲ませるのはいつからいつまで必要?

赤ちゃんにフォローアップミルクはいつから?

フォローアップミルクのパッケージには「9ヶ月〜」と書かれているものがほとんどです。
これは、主に離乳食が3回になるのが生後9ヶ月ころなので、この頃から使い始める基準になるようです。

しかし、生後9ヶ月はあくまで目安です。離乳食が3回になったばかりの時は今までのように母乳や粉ミルクのままで栄養の心配はいりません。

3回食が定着してくると、赤ちゃんにも好き嫌いができたり、食べムラがあったりと栄養が心配になってくることがあると思いますので、そういった時が飲み始めだと思います。

赤ちゃんのフォローアップミルクはいつまで?

フォローアップミルクは、主に3歳くらいまでの飲用が推奨されています。
1歳を過ぎてアレルギーがなければ牛乳が飲めるようになるので、離乳食が順調に進んでいるならわざわざフォローアップミルクを飲まさなくても良いです。
牛乳の方が安くて作る手間がいらないので、普通の食事ができるようになるタイミングで牛乳に移行する方も多いようですよ。

フォローアップミルクや粉ミルクから牛乳に移行するときには、粉ミルクに2〜3割くらい牛乳を混ぜてアレルギーなどは大丈夫か確認し、少しずつ牛乳を増やしながら移行するのがよいでしょう。



赤ちゃんのフォローアップミルクの飲ませ方は?

赤ちゃんに飲ませるフォローアップミルクの量は?

1日に600ml程度を目安に、離乳食と一緒にフォローアップミルクを飲ませてあげましょう。あくまで目安なので、離乳食をよく食べた時には量を少なくしたり、また、食べなかった時にはたっぷり飲ませてあげるなど、赤ちゃんの様子によって調節してあげましょう。

フォローアップミルクは補助的な役割のものなので、フォローアップミルクでお腹がいっぱいになってしまうと逆に栄養不足になってしまう場合もあります。1日600ml以上は与えないようにしましょう。

 

飲ませる間隔と摂取量

〈9か月~12ヶ月頃〉
食後や食間に200mlずつ、それぞれの食事の後3回程度(合計約600ml)

〈12ヶ月~18ヶ月頃〉
食間の200mlずつ、午前と午後の2回程度(合計約400ml)

赤ちゃんにフォローアップミルクを飲ませる時のポイント

りおきはNG

フォローアップミルクは粉ミルクと同様に作り置きはしてはいけません。
栄養価が高いことから唾液などから雑菌が繁殖しやすく、内臓器官が未熟な赤ちゃんにとって危険です。一度飲んで時間が経ったものは必ず処分して、新しいものを作るようにするようにしてください。

 

コップやストローマグの練習もかねて

フォローアップミルクを飲ませるときには、母乳瓶であげてもよいですが、練習もかねてコップやストローマグであげる方も多いようです。

食事の時にも練習できますが、好きなミルクの時の方が飲んでくれるかもしれませんね。

 

まとめ

・フォローアップミルクは生後9か月~3歳までの赤ちゃんの栄養補助として飲ませましょう。量を守り、与え過ぎないように!

・1歳までは母乳やミルクのままでもOK!無理に移行しなくても良いもの

・普通に食事ができるようになり、アレルギーがなければフォローアップミルクではなく、牛乳で良い

 

赤ちゃんの食べているものや量に合わせて飲ませる量を調節して、バランスの良く栄養がとれるように気をつけてあげてくださいね(^^)/

関連記事

赤ちゃんのトイレトレーニングはいつから?やり方や進め方は?

育児のイライラの原因は?ストレス解消法としてマインドフルネス瞑想が効果的⁈

 






-赤ちゃん 離乳食
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.