妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんのケア

赤ちゃんの耳掃除は毎日必要?家でのケア方法や耳鼻科での耳掃除について

更新日:

Pocket

赤ちゃんの体を清潔にしてあげることはとても大切なお世話の一つです。お風呂に入れたり、おへそや耳の掃除などこまめにケアをしてあげたいけど、『赤ちゃんの耳掃除』って毎日する必要はあるのでしょうか?

私も初めての赤ちゃんのお世話を始めた時は、耳掃除について産院ではあまり詳しく教えてくれず、わからないこともたくさんありました。わからない方はぜひ参考にしてみてください!

今回は、赤ちゃんの耳掃除について毎日耳掃除をする必要があるのか、家でのケア方法や耳鼻科での耳掃除などについてまとめました。




赤ちゃんの耳掃除は毎日必要?

そもそも耳垢って何でできるの?赤ちゃんはどんな耳垢?

耳垢は、耳の中の皮脂が剥がれおち、外部の垢やホコリなどと合わさってできたものです。

新陳代謝が活発な新生児や赤ちゃんは耳垢がたまりやすく、皮脂量も多いので湿った耳垢ができます。
耳垢は、黄色や茶色のものが多いですが、新生児の頃は耳の中に羊水が残っていて耳垢が黒くなることがありますが、特に問題はありません。

しかし、色によっては心配しなければならないことも・・・。

 

こんな色の耳垢は心配!

赤っぽい色の耳垢

耳掃除などで粘膜を傷つけてしまっている可能性があります。掃除をしてから、数日たってから出てくることもあるようです。

赤ちゃんの耳の粘膜はとても薄いので、優しく掃除しているつもりでも傷ついて出血しることがあります。無理に掃除をしないようにしてください。

 

鮮やかな黄色の耳垢

かき氷のシロップのように鮮やかな黄色で、どろっとしている耳垢が出てきたら中耳炎を発症している可能性があります。

発熱が続いたり、耳を引っ張ったりしている様子があればすぐに病院で診てもらいましょう。中耳炎が悪化してしまうと、最悪の場合難聴になってしまうこともあるので、放っておかずに適切に処置してもらいましょう。

 

赤ちゃんの耳掃除は毎日する必要はあるの?

赤ちゃんの耳掃除はいつから始めないといけないということは決められていません。

大人と同じように、耳垢は自然と外へ出てくる仕組みになっているので新生児や赤ちゃんの頃は毎日する必要はありません。

赤ちゃんの耳から臭いがすることがありますが、耳の中にある耳垢が赤ちゃんの体温で蒸されて臭いを発しています。すぐに掃除したくなると思いますが、耳垢には粘膜を守ってくれるという役割もあるので、適度に掃除するのが良いんです。

 

耳垢があることで、ホコリやゴミ、ウイルス、菌など外から入ってくるものを防いでくれるというメリットもありますよ。

 

耳掃除を行う頻度は、お風呂上がりに水分をとったり、涙やミルクなどの汚れがついて入れば毎日行っても大丈夫です。

耳の掃除をするようなら1ヶ月に1回程度で十分です。

 


家での赤ちゃん耳掃除の方法&ケアのポイント

耳はもともと掃除する必要がない器官のようです。

自宅で赤ちゃんの耳の掃除する時は、耳の入り口辺りをさっと拭くだけで十分です。無理に奥の方まで掃除しようとしたり、掃除をやりすぎると、かえって耳垢を奥の方に押し込んでしまったり、炎症が起こる恐れがあります。

家で赤ちゃんの耳掃除をするポイント

・お風呂上がりなど、耳垢が取れやすくなっている時に掃除する。

・赤ちゃん用の細めの綿棒を使って、耳を傷つけないようにオイルをつけて掃除してください。
綿棒でそのままゴシゴシすると結構痛いので、オイルをつけて優しく掃除してあげてください。(または、濡らしたガーゼなどでも良いですよ)

・掃除するのは、耳の入り口の周りまでにしてください!奥まで入れるのは鼓膜を傷付けたり、耳垢を奥に押し込んでしまう原因になってしまいます。

赤ちゃんの耳の入り口から鼓膜までの距離は、なんと1㎝くらいしかないそうですよ!
すぐに傷ついてしまうので注意してくださいね。

 


赤ちゃんの耳の奥の掃除は耳鼻科を利用して!

赤ちゃんの耳垢は、自然と出てくるものもありますが、掃除をしないとやはり溜まってきてしまいます。家では耳の奥の掃除はやらない方がいいので、耳鼻科に行って掃除をしてもらってください。

赤ちゃんの首がすわっていなくても、診てくれる耳鼻科はありますので、気になるようなら一度電話で確認してから連れて行くと良いでしょう。ちなみに、息子の耳鼻科デビューは生後6ヶ月でした。

私の息子の話ですが・・・ ※読みたくない方はとばしてください。

息子が生後半年の時に、耳ばかりかきむしっていたので、中耳炎ではないのかな?と思い初めて耳鼻科に連れて行きました。

耳の中を見てもらうと、耳垢が奥の方に溜まっており、耳の中が少し炎症していると言われました。お医者さんから「耳掃除はしていますか?」と質問され、たまに綿棒で耳の入り口に見えていた耳垢を取っていたことを伝えると、

「家で耳の掃除はしないように!百害あって一利なしだよ。お母さんが耳掃除したから、耳垢が奥に行ってしまって、耳の中も傷つけてしまってるんだよ。絶対しないでね!」とお叱りを受けました…。

耳垢はすぐに取ってもらい、その後息子が耳をかくこともなくなったので一安心でしたが、耳掃除のことをもっと早くに知っておけば良かったと感じた出来事でした。

 

耳鼻科での耳掃除は、風邪などで耳鼻科に行ったついでにやってもらうと良いと思います。風邪を引かなかったら、2、3ヶ月に1回程度やってもらうと良いでしょう。

 

まとめ

・おうちでの耳のケアは赤ちゃんの様子を見ながらほどほどに

・おうちで耳掃除をするときは、優しく耳の周りや入り口まで

・耳垢が気になるときは、耳鼻科を利用しましょう

 

赤ちゃんの耳はとってもデリケートなので、毎日のケアで傷つけてしまうことがないようにしてくださいね!
耳垢がや臭いが気になるときはプロに任せるのが1番ですよ!耳鼻科にいって掃除してもらいましょう。

 

関連記事

赤ちゃんの歯磨きはいつから?歯磨きの方法や回数、歯磨きを嫌がったら?

赤ちゃんの爪切りの長さや頻度は?安全な爪の切り方は?






-赤ちゃんのケア
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.