妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんのケア

赤ちゃん用の石鹸は固形・泡どちらがいい?それぞれのメリット・デメリットまとめ

投稿日:

Pocket

赤ちゃんのお風呂の時に毎日使う『石鹸』。
沐浴の時には沐浴剤だけで洗っていた赤ちゃんもいると思いますが、大人と一緒に入るようになると石鹸を使い始める子がほとんどです。

石鹸にもいろんなタイプがあり、たくさんありすぎてどれを買えば良いのか悩みますよね。
私のいろんな石鹸を試して赤ちゃんに使ってみましたが、未だに「絶対にこの石鹸がいい!」というものが見つかっていないので、日々探している最中です。

いろいろ使ってみて感じた個人の感想も入れながら、赤ちゃんの石鹸はどれが良いのかをまとめていきます。




赤ちん用の石鹸とは?

赤ちゃん用の石鹸は、赤ちゃんの髪や身体を洗うための石鹸です。
赤ちゃんは肌が弱くとってもデリケートなので、少しの刺激でも肌が荒れてしまうことが多いのです。

赤ちゃんの敏感な肌の為に作られた石鹸は、天然成分(オーガニック成分)で作られていたり、乾燥しやすい赤ちゃんの肌のために保湿成分が入っていることが多いのです。無添加・無香料・無着色などできるだけ刺激にならないように余分なものは入れられていません。

赤ちゃん用の石鹸には2つタイプがあります。

【赤ちゃん用の石鹸の種類】
・固形タイプ
・液体タイプ(泡で出てくるもの)

全身用(髪・からだ用)のものがほとんどなので1つあれば良いですよ。
どちらが良いということは言い切れませんので、この後それぞれのメリット、デメリットをまとめましたので参考にしていただき使いやすい方を選ぶと良いと思います。

赤ちゃん用の石鹸は必ず必要?

赤ちゃん用の石鹸は必要なの?
大人と一緒じゃダメなの?
お湯だけで十分なのでは?

などの疑問をお持ちの方もいるでしょう。(私がそうでした)

新生児の頃は沐浴剤だけでも良いと言われていますが、徐々に皮脂量が増え、生後2か月を過ぎると皮脂が減り乾燥しやすい肌になっていきます。


画像引用:naver

 

沐浴剤には、赤ちゃんの肌表面に膜を作って、皮膚を保護したり保湿・保温を高める効果があると言われています。
お湯で洗うだけでも汚れは落ちますが、沐浴剤は汚れを落とす目的では期待できないと言われています。

赤ちゃんの汗腺の数は大人と同じで、1日に大人の約2倍の汗をかくと言われています。
皮脂が多く、汗をかきやすいので石鹸で洗って余分なものは取り除いて清潔にしてあげる必要があるのです。

 

【大人用の石鹸は使っていい?】

石鹸は大人と同じものではいけない、ということを聞いたことがあると思います。大人が使っているボディソープは使い心地を良くするために香料や添加物が含まれているものがあります。大人用のものでも、オーガニック成分で絶対に大丈夫!というものであれば赤ちゃんに使っても良いと思いますが、どんな成分が使われているのか分からないという時には使わない方が良いでしょう。

実際に大人用のものを使って、翌日赤ちゃんに発疹ができたことがある人もいるようです。

湿疹ができている時には刺激になるから石鹸を使わない方がいいと言われる方もいますが、赤ちゃんはミルクやうんちで首周りやお尻のあたりが不衛生になりがちです。部分的に石鹸を使うなどの使い方もできますので、『赤ちゃん用の石鹸』を一つは準備しておくことで赤ちゃんの体が汚れてしまった時などに使えますよ。



赤ちゃんの固形タイプの石鹸 メリット・デメリット

固形タイプの石鹸昔からよく使われていますので、昔は「固形石鹸がいい」と言われていました。
今でも固形の赤ちゃん用石鹸は多くあり、品質もよくなっているのです。

実際、私は固形石鹸と泡タイプの石鹸を赤ちゃんの肌の状態によって使い分けています。
その理由は、泡タイプのものを使っている時に湿疹がひどくなってしまったので、試しにオーガニックの固形石鹸を使ってみたところ症状が改善した、ということがありました。

泡タイプのものは使い勝手が良く、急いでいる時や片手がふさがっている時などに大活躍ですので、どちらがいいかとは言い切れません。
では、それぞれのメリット・デメリットをまとめます。

赤ちゃんの固形タイプの石鹸のメリット

1、余分な成分が入っていないものが多い

固形石鹸は、余計な成分が入っていない物が多く、敏感な赤ちゃんの肌にも安心して使うことが出来ます。
固形石鹸は基本的に、「凝固剤」と「オイル」でできています。

オイルによって洗い上がりの質感が変わりますので、季節によってしっとりかさっぱりかを選んだり、赤ちゃんの肌質によって選んであげると良いでしょう。どのオイルが良いか使ってみて確かめてみると良いと思いますよ。保湿力があるものがおすすめです。

2、液体よりも安い

固形石鹸はコストパフォーマンスが良く、泡タイプのものに比べると安いものが多いです。
安いからと言って品質が良くないということはありません。余分な成分が入っておらず自然な製造方法で作られているから安いのだと思います。

3、肌に優しい

固形石鹸は水に溶けすぎないので、使い過ぎることが少なく肌に優しいです。

ボディーソープは、プッシュするだけで手軽に泡がでてくるのでいくらでも使い過ぎてしまうことがあります。
その結果、皮脂や脂質を取り過ぎてしまい、肌のバリア機能を低下させてしまいます。

また、固形石鹸には「合成界面活性剤」が含まれていないものがほとんどです。
「合成界面活性剤」とは洗浄成分として液体の洗剤やボディーソープなどに含まれているものです。

安全性が高い無添加の純石鹸といわれるものは、動物や植物の油から作られる自然由来の洗浄成分で「天然界面活性剤」の働きで汚れを落とすので肌に優しいのです。

 

赤ちゃんの固形タイプの石鹸のデメリット

1、固形石鹸の保管

石鹸用のケースに置いておくと溶けてぬめりが付いてしまったり、置き場所に困るという方もあると思います。
また、使っていくと石鹸が小さくなって使いづらくなるのも困ることです。

私は、100円均一で購入した石鹸をネットの中に入れてそのまま泡立てられるものに入れて、そのままフックにかけています。使用後はかけていることで石鹸が乾燥して溶けることはありません。

無印良品の「発砲ウレタン石鹸おき」が良いとの情報もあるのでお試しください。

 

2、泡立てが面倒

固形石鹸はしっかりと泡立てないと泡ができません。赤ちゃんのデリケートな肌を傷つけないためにはふわふわの泡で洗ってあげる方がいいのです。片手がふさがっていると泡立てが難しいので、一人で赤ちゃんを洗う時には前もって泡を作っておくとよいですよ。

赤ちゃんにおすすめの固形タイプの石鹸

シャボン玉 ベビーソープ 固形タイプ100g

低刺激で保湿性に優れたアボカドオイルと上質な天然の植物性油脂を原料に使用しています。
昔ながらの釜炊き製法(ケン化法)で、石けん職人が天然油脂を一週間じっくり時間とかけて作ることで、天然の保湿成分が残り、しっとりした洗い上がりになっています。

合成界面活性剤や香料、着色料、エデト酸塩(EDTA-4Na)などの酸化防止剤は使用していない無添加石けんです。
安心・安全はもちろん、赤ちゃんのお肌の保湿性や泡の柔らかさと弾力のバランス、肌への刺激の軽減にこだわっています。

石鹸の詳細・購入はこちらから
シャボン玉 ベビーソープ 固形タイプ

 

坊ちゃん石鹸

坊っちゃん石鹸は、酸化防止剤、着色料、香料、蛍光剤を使用していない純粋無添加です。
肌への刺激が少なく、みずみずしい使用感で乾燥肌や肌荒れの方に優しい石けんで、赤ちゃんやお年寄りなど肌の弱い方にも安心して使用できるそうです。

皮膚科や産婦人科の医師も推奨されている、安心・安全・高品質の固形石鹸です。

石鹸の詳細・購入はこちら
畑惣一郎商店 坊ちゃん石鹸

 

赤ちゃんの泡(液体)タイプの石鹸 メリット・デメリット

赤ちゃんの泡(液体)タイプの石鹸のメリット

1、片手でも使いやすい

一人で赤ちゃんをお風呂に入れている方は、片手に赤ちゃんを支えているので、もう一方の手だけでプッシュして簡単に泡が出てくるタイプの石鹸はとても便利ですね。

プッシュするだけでふわふわの泡がでてくるので、泡立てる手間がかかりませんので急いでいるときでも楽に洗えます。

2、衛生的に保管できる

泡タイプの石鹸はボトルに入っているので、中の液体が不衛生になることは少ないでしょう。
お風呂のどんなところにも起きやすいので置き場所には困らないと思います。

赤ちゃんの泡(液体)タイプの石鹸のデメリット

1、過剰に洗いすぎることがある

ポンプを押すと簡単に泡がでてくるので、使い過ぎて必要以上に皮脂や潤いを洗いすぎて落としてしまうことがあります。適量を使うのであれば問題ないと思いますが、泡をたくさん出して洗いたくなる方も多いので使う量には注意が必要です。

また、含まれている成分も固形のものに比べると洗浄成分が強いものが多いので、無添加のもので「合成界面活性剤」が含まれていないものを選ぶようにしてください。

2、固形のものより高い

固形石鹸に比べるとお値段が高くなります。
詰め替え用があるので、そちらを使うと少しだけ安くなりますね。
泡タイプは使いやすくて出し過ぎてしまうので、無くなりも早いように感じます。

赤ちゃんにおすすめの泡タイプの石鹸

Dolci Bolle(ドルチボーレ) ベビーソープ

デリケートな赤ちゃんの肌のために作られた、全身用の泡タイプベビーソープです。
パラベンフリー・香料・着色料・鉱物油なども無添加。肌の潤いはそのままに清潔に洗い上げてくれます。

泡立ち、伸びが良いのでたくさんプッシュしなくても全身を洗うことができますよ。

石鹸の詳細・購入はこちら
無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》

 

ドゥーエ ベビープラス 泡ソープ

敏感肌用に開発された資生堂のドゥーエベビープラス泡ソープ。
無着色、無香料、パラベン無添加、ノンアルコール、鉱物油無添加という安全性を重視した低刺激性。

クッション性のある弾力の高い泡だから、やさしい肌ざわり。
きめ細かい泡がすみずみまで汚れを落としながら、うるおいはきちんと残します。

石鹸の詳細・購入はこちら
(ドゥーエ )ベビー プラス 泡ソープ

まとめ

赤ちゃん用の石鹸について改めて調べることで、自分の使っている石鹸を見直すことができそうです。
調べてみて思ったことは、赤ちゃんの肌のことを考えると『固形石鹸』の方が良いように思いましたが、家庭によっては泡タイプの方が使いやすい方もいると思います。
無添加で保湿力があり、優しい使い心地のものを選んで使えればよいと思います。
いろいろ試してみて赤ちゃんの肌に合うものを使ってあげてください。

関連記事

赤ちゃんのお風呂の時間帯は?一人で入れる時の準備や洗い方、気をつけるポイントは?

新生児の沐浴 やり方や温度、時間は?






-赤ちゃんのケア
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.