妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんの生活

赤ちゃんの洗濯物を大人と一緒に洗っていいのはいつから?赤ちゃんの洗濯の仕方は?

更新日:

Pocket

赤ちゃんの洗濯物、みなさんはいつから一緒に洗いましたか?

我が子は肌が弱かったので、肌が安定するまでは赤ちゃん用の洗濯洗剤で別に洗っていました。でも、何で別で洗った方が良いのか、普通の洗剤と赤ちゃん用の洗剤は何が違うのか理由は知っていますか?

今回は、赤ちゃんの服の洗濯の仕方やいつから大人と一緒に洗っていいのかなど赤ちゃんの洗濯についてをまとめました。




赤ちゃんの洗濯物を大人と一緒に洗っていいのはいつから?

赤ちゃんと大人の洗濯物を一緒に洗っていいのはいつから?

大人に比べて赤ちゃんのお肌は薄くとてもデリケートです。少しの刺激でも赤くなったり、湿疹が出たりしてしまう赤ちゃんも多いようです。
また、生まれて間もない新生児の赤ちゃんは抵抗力が弱いので、菌やウイルスなどもできるだけ避けていですよね。

基本的には、赤ちゃんと大人の洗濯物は一緒に洗っても問題ないといわれています。

1日に大人の衣類と赤ちゃんの衣類を分けて洗うのは時間がかかってしまうので、できれば一緒に洗いたいと思っている方もいると思います。
一緒に洗う時には、使う洗剤を無添加の物にしたり、汚れがひどいものは別で洗うなどするなど多少の配慮は必要になるでしょう。

ただし、赤ちゃんの月齢が低いと、大人の衣類と一緒に洗うと赤ちゃんの服に菌などがついてしまいそうと心配があるのであれば半年くらいまでは別に洗うと安心ではないでしょうか?

生後半年頃になると何でも口に入れて舐めるようになるので、いろんなものから菌を摂取して抵抗力をつけるようになります。
それくらいの時期になればママも安心だと思いますよ!

 

「いつから一緒に洗濯する」という決まりは特にありませんので、ママが大変でなければ別で洗ってあげると良いと思います。
産まれてからずっと一緒に洗っているという方もいますので、ママの負担にならないように洗濯をするようにしてください。

 

赤ちゃんの洗濯物を大人と一緒に洗わない方がいい場合は?

基本的には赤ちゃんの洗濯物も一緒に洗っても大丈夫です。
しかし、以下のような場合は別で洗ってあげた方が良いと思います。

・赤ちゃんの肌が荒れている時
・新品の服を洗濯する時
・初めて使う洗剤や柔軟剤を使用する時

・赤ちゃんの服を水通しする時

赤ちゃんの肌が荒れている時には、何らかが原因で荒れているわけですから、できるだけ刺激になるようなことを避けていきましょう。
洗濯物が原因とは限りませんが、一緒に洗っていることや使っている洗剤が合わないなどの可能性もあります。

大人用の新品の衣類には、アレルゲン物質の染料とホルムアルデヒトという薬剤が付いているものがあり、これらはかぶれの原因になりやすいそうです。大人の新品の服と赤ちゃん用の衣類も一緒に洗ってしまうと、洗濯中に薬剤の残りが移る恐れもあります。

また、赤ちゃんの新品の服にも、薬剤は使われていなくても、のりが付けてあったりします。のりを洗い流すことで、肌あたりや吸湿性がよくなります。



赤ちゃんの衣類の洗濯の仕方は?

赤ちゃんの衣類を洗濯する時には、洗濯機でも、手洗いでもどちらの方法で洗っても良いです。

赤ちゃんはミルクやウンチなどで良く服が汚れてしまい、着替えをすることも多いでしょう。
着替える度に洗濯をするというのは大変だと思いますので、生活にあった方法を行ってください。

赤ちゃんの衣類洗濯のポイント

・赤ちゃんの衣類は小さくデリケートな生地のものもあるので、洗濯機で洗う場合にはネットに入れて洗う方が生地を傷めにくいです。
特にガーゼ生地はひっかかりができやすいのでネットに入れることをおすすめします。

・赤ちゃんの服は小さいので、大人と分けて洗濯する場合は量も少ないので手洗いがおすすめです。
私の場合は、生後1か月頃までは赤ちゃんの衣類はバスタオル以外は手洗いで洗っていました。
最後に洗濯機の脱水だけ行いましたが、手洗いすることで細かいミルク汚れなども見つけてしっかり洗うことができましたよ。

 

赤ちゃんの衣類を洗濯する時にはどんな洗剤が良いの?

赤ちゃんの肌は薄く、角質細胞が大人より小さいことから、乾燥しやすく刺激を受けやすくなっています。

石油由来の合成界面活性剤や、蛍光増白剤などは赤ちゃんの肌には刺激になりますので、含まれていない洗剤を選んだ方がよいでしょう。

「赤ちゃん用」や「無添加」と書かれている洗剤にはそれらの成分が入っていないので、安心して赤ちゃんの衣類を洗えます。特に新生児のころはデリケートなので、無添加で安全なもので洗ってあげたいですね。

大人の皮脂や汗は赤ちゃんより頑固で、赤ちゃん用の洗剤ではしっかり落とせないものもあります。汚れのひどいものには、界面活性剤・蛍光増白剤などの成分が含まれているものの方が汚れが良く落ちます。

夏場など汗のにおいや汚れが気になる時などは分けて洗った方が良いでしょう。

 

大人と一緒に洗濯をしたいという方は、赤ちゃん用の洗剤で一緒に洗うか、無添加洗剤を使用してくださいね。

肌の弱い息子の衣類も大人と一緒に洗えます!
アトピーの方にもおすすめされている肌に優しい洗剤ですよ。
これで洗濯をすると柔軟剤をしなくてもふわふわに洗い上がりますのでおすすめです。

商品詳細はこちら↓
無添加 シャボン玉スノール 液体タイプ 1000ml(無添加石鹸)
 

赤ちゃんの衣類の洗濯に柔軟剤は使用しても良い?

最近では良い香りの柔軟剤がたくさんあって、使われている方も多いと思います。
柔軟剤は香りだけでなく、衣類を柔らかくし、ゴワゴワを防いでくれます。

柔軟剤も、洗濯洗剤同様に刺激が強い成分が入っているものもありますので、入っている成分を確認したり、「無添加」、「赤ちゃんもOK」という表示があるものを選んでください。

たくさん種類もありますので、使用感や香りなど口コミサイトなど検索すると載っていますので調べて試してみても良いかもしれませんね。

 

赤ちゃんの洗濯は、赤ちゃんの肌の様子を見ながら、少しずつ移行していくのが良いと思います。1歳までは、何があるか分かりませんので、赤ちゃん用の洗剤を1つ置いておくと安心かもしれませんね。

 

赤ちゃん服の汚れがひどい時の洗濯の仕方は?

赤ちゃんはウンチやミルクでよく服を汚しますよね。その汚れを翌日の洗濯まで置いておくと、洗濯機だけでは汚れが落ちていないこともあります。

キレイに汚れを落としたい方は、汚れたらすぐに水で洗い流し、洗剤を水で溶かしたものにつけ置きにしましょう。
その後に他のものと一緒に洗濯するとだいたいの汚れはきれいになりますよ!

 

まとめ

・赤ちゃんの洗濯物は肌に優しい洗剤なら大人と一緒に洗っても大丈夫

・新品の服を洗う時、汚れがひどいものを洗う時には別に洗う方が良い

・赤ちゃんの洗濯物を洗う時には、赤ちゃん用の刺激の弱いものや無添加の石鹸を使用しましょう

 

洗濯は毎日行うものですし、あまり神経質になりすぎないようにしてくださいね。
赤ちゃんはたくさん汚しますので、洗濯物も多くなりがちですが、使用する洗剤に気をつけてあげれば一緒に洗濯することもできますよ。

赤ちゃんの成長に合わせて洗濯の仕方も変えていくと良いと思います。

 

関連記事

赤ちゃん用の石鹸はいつまで使う?大人と同じものを使う時に気をつけることは?

赤ちゃんが何でお口に入れるのはなぜ?いつからいつまで?






-赤ちゃんの生活
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.