妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




こんな時どうするの?

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方は?姿勢でしゃっくりが楽になるってホント?!

更新日:

Pocket

赤ちゃんはママのお腹の中にいるころからよくしゃっくりをしていますよね。
新生児の赤ちゃんはよくしゃっくりをすると感じる方も多いのではないでしょうか?
しゃっくりが出ると大人はしんどく感じる場合がありますが、赤ちゃんの場合は大丈夫なのでしょうか?

できれば止めてあげたいと思っている方もいると思います。
今回は、赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方、しゃっくりが出た時に楽になると言われている姿勢についてまとめました。




赤ちゃんのしゃっくりの原因は?

しゃっくりとは?

赤ちゃんだけのことではありませんが、しゃっくりは横隔膜がけいれんして起こる現象です。
横隔膜は呼吸運動を助ける働きのある膜のことです。呼吸をするたびに上がったり、下がったりを繰り返しています。

ところがこの横隔膜は、時々何かのはずみでけいれんを起こすことがあります。
食道や胃に何らかの刺激があると、横隔膜のけいれんを誘発してしゃっくりが出ると言われていますが、正確なことは分かっていないといいます。

赤ちゃんのしゃっくりの原因は?

生まれて間もない赤ちゃんの横隔膜はまだ成長途中なので、少しのきっかけですぐにけいれんしてしまい、それがしゃっくりにつながっています。
また、大人に比べて心拍数が早いこともしゃっくりが起こりやすくなる要因と言われていますよ。

 

しゃっくりの原因は、「横隔膜がけいれんする原因」ということなんです。
赤ちゃんのしゃっくりの主な原因は2つあると言われています。

 

母乳やミルクを飲み、胃や食道の動きが活発になり横隔膜を刺激する

母乳やミルクを飲むと、体内では胃や食道が活発に動き始めます。
それが赤ちゃんの横隔膜を刺激して簡単にしゃっくりが出てしまっています。

また、母乳やミルクと一緒に空気を吸い込んでしまうので、授乳直後の大きく膨らんだ胃が横隔膜を圧迫して、それもしゃっくりを引き起こす原因になっていると言われています。

オムツが濡れることによる体温変化、体温低下が刺激となりしゃっくりが出る

新生児の赤ちゃんはおしっこやうんちを頻繁にしますよね。
すぐにオムツを濡れたオムツで体が冷やされると横隔膜が刺激されてしゃっくりが出てしまいます。
おしっこが出たらすぐに替えてあげることが1番良いのですが、それは難しいと思いますので普段通りオムツ替えしてあげれば大丈夫ですよ。

 

特に新生児~生後6か月頃までの赤ちゃんは横隔膜が未熟なので、ちょっとした刺激でもしゃっくりが起きます。

しゃっくりがしばらく続いたとしても、何か体に悪影響が出わけではないので、慌てず対処してあげてください。
赤ちゃんにとってしゃっくりは成長発達の一部なので、しゃっくりが出て当然くらいに思っていても良いかもしれません。



赤ちゃんのしゃっくりを止め方は?

大人の場合であれば10分もすればしゃっくりは止まります。
しかししゃっくりがでると苦しく感じることがあるので、できれば止めたいと思いますよね。

赤ちゃんの場合は、大人が思っているほど苦しいと感じていないといいますが、長く続いているととめてあげたいと思うものです。
しゃっくりを止めるためのいくつかの方法を紹介しますので、いろいろ試してあげてくださいね!

 

飲み物を飲ませる

おしっこをした後や離乳食など食べている時などにしゃっくりが出た時は、母乳やミルクを飲むことで大抵はしゃっくりが止まる場合が多いです。
母乳やミルク、白湯や湯冷ましなど飲ませてあげてください。

 

授乳後にしゃっくりが出たらゲップをさせる

母乳やミルクの後にしゃっくりが出る場合は、空気を一緒に飲みこんでしまった可能性があります。
縦抱きにしてゲップを出してあげると、止まることもあるみたいですよ。

ただ、しゃっくりが止まらないからといって強くたたくのは止めてくださいね。
赤ちゃんの体に負担がかかってしまいます。

新しいオムツに替える

塗れたオムツが原因で体が冷えてしまうこともあるので、オムツがたくさん濡れていないか確かめてください。
オムツが濡れている場合は、新しいオムツに替えてあげることで体温が下がることを防げ、赤ちゃんもスッキリしてしゃっくりがとまることも多いそうですよ。

 

身体を温める

身体が冷えると横隔膜を刺激してしゃっくりが出やすくなります。
横隔膜がある「みぞおち辺り」を温めると良いので、38℃位に温めたお湯にタオルを浸してから、絞ったタオルとその場所にあててあげてください。

夏の場合は体が熱くなりすぎないよう、注意してあげてください。

肺や心臓のすぐ下が横隔膜になっていますよ。

 

うつ伏せにする

うつぶせにすると、顔を持ち上げるのに一生懸命になって、しゃっくりが止まる場合があります。
生後1か月くらいですと持ち上げることはできないのですが、いつもと違う体位にビックリして止まることも。

生後間もない場合は窒息してしまう可能性もありますので、十分に注意してください。
あまり効果がないようなら、すぐに仰向けに戻してあげてくださいね。

 

 



赤ちゃんのしゃっくりが楽になる姿勢はある?

赤ちゃんのしゃっくりは大人が思っているほど、苦しいものではありませんので、赤ちゃんの寝やすい寝かたで寝かせてあげてください。

私は試したことがありませんが、赤ちゃんを横向きに寝かしてあげるとしゃっくりが止まったという口コミもありましたので、止まらない場合は試してみてください。

万が一赤ちゃんが苦しそうにしている場合は、しゃっくりによって胃からミルクや食べたものが逆流してしまっている可能も考えられます。
もし苦しそうな様子があれば、縦抱きにして優しく背中をさすったり、トントンしてあげると良いと思いますよ。

赤ちゃんは、1時間ほどしゃっくりが出続けることもありますので、慌てずに家庭で様子をみてあげてくださいね。

 

まとめ

赤ちゃんのしゃっくりは、放っておいても自然に止まるので、無理に止めなくても大丈夫だと言われていますよ。

赤ちゃんのしゃっくりが多いのは自然な現象で、成長につれて回数も減っていくので心配はいりません。
様子を見ながら、赤ちゃんに優しく接してあげてくださいね。

 

関連記事

赤ちゃんの高熱の原因や熱の下げ方は?元気な時のお風呂はどうする?

出産の内祝いはいつまでにすればいい?お返しの相場やのし・命名紙は?

 






-こんな時どうするの?
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.