妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんの服装

赤ちゃん冬の寝る時の服装は?室温や布団のかけ方の疑問も解決!

投稿日:

Pocket

 

本格的な冬に突入し、毎日寒い日が続きますがみなさん風邪などは引いていませんか?

クリスマスやお正月、イベントがたくさんあって楽しい冬。
ですが、冬になるとやっぱり心配なのは、寒さや冷えからくる風邪ではないでしょうか。

 

風邪をひいて、鼻水が出たり熱が出てしんどそうな赤ちゃんを見ているのは辛くて、できれば変わってあげたいなんて思うことありますよね。

手洗いうがいなどの風邪予防をすることはもちろん、お出かけ時の服装や、手袋、マフラーなどでの防寒を徹底して風邪を予防されているママも多いと思います。

 

赤ちゃんの防寒対策ですが、日中の外出時だけでなく、夜眠るときの赤ちゃんの服装や室温も忘れてはいけません。

赤ちゃんはまだ自分で上手に体温調節をすることができないため、ママが常に気にかけて体温を調節してあげなければなりません。

そこで赤ちゃんが快適に眠るための、服装や室温、布団のかけ方についてご紹介します。

 




赤ちゃんの冬の寝る時の服装は?

新生児〜生後3ヶ月頃までの服装は?

 

この頃の赤ちゃんは一日のほとんどをまだ眠って過ごします。

寝る→オムツ替え→授乳の繰り返しになりますので、肌着とパジャマ(ロンパースやカバーオール)合わせて2枚のような楽な服装で寝させてあげるとよいでしょう。

 

オムツを替える回数も授乳の回数もまだまだ頻回ですので、その度に抱き上げて寝かせてを繰り返ししますので、着せやすいものを選ぶのも重要ですね。

 

また、肌着は寝ながらかいた汗を吸水するためにも必ず着せてあげてください。

その上からパジャマを着せますが、パジャマは保温性の高いものを着せてあげましょう。

 

 

気をつけなければならないのが、寒さを心配して何枚も重ね着させてしまうことです。

赤ちゃんは、もともと体温が36.5℃〜37.5℃くらいで大人よりも少し高めです。

それに加え、新陳代謝が活発なので寝ているときも大量に汗をかきます。

 

そのまま寝てしまうと汗が体を冷やしてしまいますので、汗をかくようであれば室温を下げたり、薄手のパジャマにするなどして調節してあげてください。

こまめに体温計で体温を測るクセをつけておくと、体温の管理をしやすいですよ。

 

生後3ヶ月頃以降の服装は?

 

この頃になると赤ちゃんは、首も座りはじめますので全体的にしっかりとした体つきになってきます。

一人でお座りができるようになった頃から、日中の洋服も上下別々のものを着させるママが多いようです。

 

同じようにパジャマも上下別々のものでかまいませんし、基本的には肌着とパジャマの合わせて2枚でかまいません。

パジャマは大人の着ているものより薄手の素材を着せてあげましょう。

おすすめは綿100%のものです!

フリースなどは温かいですが、熱がこもりやすいです。

 

 

上下別々のパジャマを着せる場合は、腹巻きをするなどして、体が冷えないように気をつけましょうね。

お腹が冷えるのを防いだりオムツ替えのしやすさから、パジャマはロンパースやカバーオールを着せているママも多いようです。

 

 

また、手足も少しずつ自分で動かすことができるようになってくるので、気がつけば布団が蹴り飛ばされていたりすることもあります。

 

寝返りができるようになった赤ちゃんは、寝ているうちに転がって布団から出てしまっているなんてことも。

何度も布団を蹴り飛ばしているのは、赤ちゃんが本当にあつい証拠です。

ママやパパは目が覚めたときに赤ちゃんの布団や汗をかいていないかを気にかけておきましょう。

 

寝る時のスリーパーの着用は?

スリーパーとは、パジャマと布団の機能を合わせて作られた寝具です。

最近ではヘビー服ブランドでもよく見かけるようになりましたね。

 

私も娘の出産祝いをいただいた際に、スリーパーをいただきました。

ミキハウスの動物模様のスリーパーだったり、Bebeのピンクのドット柄だったりと、パジャマで使用するにはもったいないくらい可愛いものでした。

10月生まれの娘にはとてもありがたく重宝しましたし、まだまだ冬になると活躍しそうです。

 

スリーパーと言っても種類や素材がたくさんあります。

赤ちゃんにはどのようなものを選べば良いのか迷ってしまいますね。

 

袖があるタイプとないタイプのもや足まですっぽり隠れる大きさのもの。

また、フリース素材やガーゼ素材など様々です。

 

冬に防寒対策として使用するのであれば、フリースキルト素材などが温かくて良いですね。

他には、ダウン素材のものもあり、真冬などには寒さから赤ちゃんを守ってくれますよ。

 

袖はありでも、なしでもどちらを選んでもよいですが、温かさはやはり袖ありの方があります。

袖がない分、袖なしは動きやすく、着やすいですね。

 

選ぶ時には、洗濯しやすいものかどうかも考えて選ぶと良いですよ。

 

着せすぎていないチェックも大切

寒さを気にしすぎて、つい私たち大人と同じ枚数服を着せたり、布団をかけたりしてしまいがちですが、そこも注意が必要です。

赤ちゃんと同じお部屋で寝ているママやパパは暖房のつけっぱなしにも注意してください。

 

赤ちゃんは大人の体温より一度くらい高いので、すぐに汗をかいてしまいます。

赤ちゃんは寝ているときにコップ一杯ほどの汗をかくと言われています。

 

気がつくと頭がびっしょり濡れているなんて経験をしたことがあるのではないでしょうか。

それは、体温を下げようとしているために汗をかいています。

赤ちゃんにパジャマを着せるときは、必ず大人より一枚少なくしてあげましょう。

 

手足が冷たい時には靴下や手袋は必要?

私は冬場、毎日のように娘に室内外関係なく靴下を履かせていました。

あるとき、母に靴下は履かせる必要はないと言われたことがあり、それ以来室内では靴下の着用をやめました。

なぜ?と疑問になり調べてみたところ、ちゃんと理由がありました。

 

赤ちゃんは足の裏で体温調節をおこなっているからです。

ずっと靴下を履かせていると熱がこもり、すぐに体温が上昇してしまうのです。

 

足が冷たく冷えてしまっている場合は、靴下を履かずのではなくエアコンを使用し、室内の温度で調節してあげましょう。

 

ミトンも同様に室内にいるときははずしておくと良いですね。

まだ月齢が小さな赤ちゃんは手を出して上にあげた姿勢で寝ますので、手が冷えてしまっていることもありますが、冷たくてもお腹や背中が温かければ体が冷えているわけではありませんので大丈夫です。



冬の赤ちゃんの寝る時に最適な室温は?

赤ちゃんが寝やすい室温、湿度は?

 

冬場、赤ちゃんが快適に眠れる室温は約20〜23度です。

 

エアコンやストーブなどの暖房器具を使用し、快適な室温をキープしましょう。

厚めのお布団をかけていたり、パジャマで防寒している場合は約15〜20度くらいでもかまいません。

 

赤ちゃんが寝ている高さと同じくらいのところに室温計を設置しておくと、室温の管理がしやすいです。

部屋の空気は、冷たい空気が下にたまり、温かい空気は上にたまるようになっています。

赤ちゃんが布団で寝ているなら、部屋の下の方に室温系を設置してくださいね。

 

 

また、暖房器具を使用するとお部屋が乾燥します。

赤ちゃんの皮膚はまだ未完成で薄いので、乾燥は大敵です。

赤ちゃんが寝ている寝室の湿度は約45〜60%を保ってあげましょう。

 

湿度を保つために、加湿器や濡らしたタオルを上手く活用しましょう。

 

暖房は寝る時もつけた方が良い?

病院によっては、24時間エアコンをつけっぱなしにしておいたらいいとアドバイスをくれる先生もいらっしゃるようです。

しかし、基本的にはやはり寝るときの暖房は切っておいたほうが赤ちゃんにはいいようです。

 

つけっぱなしにしていると、室温がいつのまにか上昇し気付いたときには赤ちゃんが汗びっしょりなんてこともあります。

お部屋が寒いようであれば、寝る前にあらかじめ暖房をつけて温めておくようにするといいですね。

 

暖房をつける場合の注意点

エアコンを使用するときに必ず注意してほしいのが室内の乾燥です。

  • エアコンをつけっぱなしにしない
  • エアコンから出てくる風が赤ちゃんに直接あたることのないようにする

この2点は特に注意が必要です。

 

乾燥してしまうとウイルスや細菌に感染しやすくなるだけでなく、鼻や喉の粘膜を痛めてしまうことにもなりかせません。

 

またエアコンを使用すると乾燥だけではなく、ほこり、カビはアレルギーの原因にもなりかねません。

エアコンを使用する際にはしっかりと対策しましょう。



 

冬の赤ちゃんの布団のかけ方は?

冬に赤ちゃんが寝る時にはどんな布団をかけると良いのか

 

赤ちゃんにかけてあげる布団でオススメなのは、やはりベビー布団です。

 

ママと添い寝したほうが暖かい、ママのお布団で一緒に寝るほうが暖かいという意見もありますが、これらは様々なリスクをともないます。

  • ママと赤ちゃんどちらかが風邪をひく
  • 赤ちゃんが寝返りができない
  • 大人用の重い掛け布団による窒息

などです。

ベビー布団を使用すると、これらのリスクは防げます。

 

しっかりと赤ちゃんにかけてあげられるので布団から出てしまうこともありませんし、大人用の布団に比べ軽いので窒息の心配もありません。

また、サイズも大きくないので洗ったり干したりも簡単で清潔に使用できます。

 

赤ちゃんには毛布は必要?

普段、お布団に入って寝るときであれば毛布は必要ありません。

ベビー布団を購入する時も、一般的には毛布はセットに含まれていないことのほうが多いようです。

 

寝ている赤ちゃんの布団の上から、バスタオルやブランケットをかけておくだけで十分暖かいのです。

また、毛布などの重い掛け布団は、赤ちゃんの寝返りが思うようにできなかったり、手や足を動かしにくくしてしまいますので、基本的にはお布団があれば大丈夫です。

 

毛布を使用するのであれば、お昼寝のときや外出先などでお布団がないとき、毛布一枚で使用するといいですね。

軽くて暖かい毛布もあるので、使うシーンに合わせて購入することをオススメします。

 

まとめ

 

エアコンや服装を調節し、暑くなりすぎないこと、加湿をして乾燥しないようにしてあげることが冬場の赤ちゃんの睡眠にとっても大切です。

赤ちゃんをすんなり寝かしつけて、赤ちゃんがぐっすり眠るためには、まず一番に快適な環境を作ってあげましょう。

 

赤ちゃんにとって睡眠は仕事のようなものですので、気持ちよく眠れるように手助けしてあげましょう。

まだまだ寒い日が続きそうですので、赤ちゃんもママも風邪をひかないようしっかり対策をして、元気にお過ごしくださいね。

 

関連記事

赤ちゃんの冬服の着せ方やおすすめの素材は?冬服を買う時のポイントも紹介!

赤ちゃんのパジャマはいつから必要?パジャマは毎日洗うもの?

冬生まれの赤ちゃんに適した室温は?おすすめの暖房器具&へやの温め方のポイント






-赤ちゃんの服装
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.