妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




妊娠中 過ごし方

出産予定日を過ぎた時の過ごし方は?検診はどうなる?母体や赤ちゃんへのリスクは?

更新日:

Pocket

臨月になるといつ赤ちゃんが生まれてもおかしくない時期になります。出産予定日に近づくといつ陣痛が起きるのかドキドキしながら待つ日々だと思います。

しかし、出産予定日を過ぎても赤ちゃんが生まれてこないことも…。

そんな時は少し不安になると思います。出産予定日をすぎてからのことを知っておくと、少しは心構えができると思います。




出産予定日を過ぎた時の過ごし方は?母体や赤ちゃんへのリスクは?

「出産予定日」は、あくまで『予定』

出産予定日までに赤ちゃんが産まれるとドキドキわくわくしている方も多いでしょう。
しかし、赤ちゃんは予定日ぴったりには生まれてこないことの方が多いのです。

『出産予定日』は、受精したと考えられる日から計算して産婦人科医がだした「予定日」です。
ですからあくまで予定ですし、お腹の中にいる間の成長具合も赤ちゃんのよって個人差があります。

出産は妊娠37週0日~41週6日までの正期産の期間であれば、お腹の赤ちゃんの身体機能が十分に発達しており、お産のリスクも少ないと言われています。

出産予定日が過ぎてしまっても心配する必要はありませんよ!

 

出産予定日が遅れる原因は?

出産予定日通りに生まれる赤ちゃんは少ないですが、どうして予定日が遅れるのでしょうか?
明確な原因はないようなのですが、考えられる原因がいくつかあります。

子宮口がかたくなっている
いつ陣痛が始まるのかと緊張した状態でいると子宮口が開かず陣痛がこないことがあるようです。
ママがリラックスして過ごすことが大切なので、ゆったり過ごすようにしてください。

 

ママの体力が不足している
出産は、ママと赤ちゃんの準備が整うと始まります。
ママが疲れていたり、寝不足などで体力が減少している状態では、出産に耐えられないと体が判断してお産が始まらないことがあるようです。
もともと体力が少なく疲れやすい方は出産予定日を過ぎてしまうことが多いようです。

 

運動不足
運動をしないとお腹の張りが起きず、陣痛が来づらくなります。陣痛はお腹の張りから繋がることがほとんどですので、正期産に入ったら意識的に動くようにしましょう。

 

子宮の居心地がいい
子宮や胎盤、羊水の状態は妊娠38週頃が一番赤ちゃんにとって居心地のいい状態になります。

胎盤の機能が弱くなりる栄養や酸素が十分でなくなると、ストレスを感じてお腹のから出ようと陣痛が起こるようです。
赤ちゃんが外に出たいと思わないので陣痛が起こらないと言われています。

 

出産予定日を過ぎてからの過ごし方は?

遠出は控えましょう

出産予定日を過ぎている場合は、もういつ陣痛が起こり赤ちゃんが産まれるか分かりません。
そんな時に遠出をするのは危険ですよ!

外出先で本陣痛が始まってしまうことだってあります。

私の友人は、出かけ先で陣痛が始まり、病院まで間に合わず車の中で出産した方もいます。
またにニュースなどでも、そういった話を聞きますよね。

自宅近くで過ごすようにしてくださいね。

陣痛を促す運動をする

運動をするとお腹が張り、それが陣痛につながっていくので、お腹が張るのを怖がらずにどんどん取り入れていきましょう。
※正期産にはいってから運動をしっかりとりいれましょう!37週未満の時は生まれてしまわないようにゆったりすごしてくださいね!

おすすめの運動

・スクワット
無理のない程度に10回ほどしましょう。猫背にならないように、股関節を開きながら腰を落としていきます。

・雑巾がけ
雑巾がけの姿勢は、股関節を広げ、やわらかくするので有効です。疲れるくらいやってもOKですが、腰痛にならないように注意してください。

・階段の上り下り
階段の上り下りは腰に負担がかからず、骨盤周りの筋肉を柔らかくします。子宮口や産道を広げる効果もあるようですよ!
お腹が大きいので足元には注意してください。

・ウォーキング
できるだけ歩いてママの血流をアップさせましょう。ゆっくりで良いので、1時間以上を目安にしましょう。

 

焦らずリラックスしてすごす

予定日を過ぎても健診で異常がなければ大丈夫なのでリラックスして待ちましょう。

好きな香りのアロマオイルを使うこともオススメですよ。リラックス効果のあるものもあるので試してみても良いかと思います。

【リラックス効果のあるアロマ】

・ラベンダー
・ジャスミン
・ローズ
・オレンジ
・ライム



出産予定日を過ぎた時の検診はどうなる?

出産予定日を過ぎてからの健診

予定日を過ぎたら健診はどうなるのでしょうか?
臨月に入ると1週間に1回の健診になりますが、妊娠40週を過ぎると健診の回数はさらに頻繁になり、胎盤機能や赤ちゃんの元気度をこまめにチェックします。

病院にもよりますが、だいたい3~4日に1回の健診になるところが多いでしょう。

多くの自治体では妊婦健診の助成券をもらえるところが多いと思いますが、妊婦健診の回数券にも限りがあるところがあります。
だいたいは出産予定日までの助成券を出しているようで、出産予定日を過ぎてしまってからの健診は実費負担になってしまうことがあります。

今まで助成券のおかげで無料で健診を受けられていたのに、急にお金が必要になってしまうと家計にとっても痛い出費になります。

赤ちゃんの用品など出産準備にもお金がたくさん必要になってくると思いますので、お金は多めに必要だと思っておく方が良いかもしれません。

 

1回の健診費用は、病院によって異なるそうです。
私の友人の話によると4000円~7000円のところが多かったので参考にしてください。

 

健診の際、赤ちゃんに異常が見られたら、すぐにお産になりますのでいつでも入院できるような準備をしておきましょう。

出産予定日を過ぎてからの出産は?

基本的には、出産予定日を過ぎてもしばらくは自然に陣痛が来るのを待つ場合が多いです。

しかし、あまりに長く赤ちゃんがお腹にいることでママや赤ちゃんへのリスクが高まることもあるので、妊娠41週に入ってもお産の徴候が現れなかった場合には、赤ちゃんの異常があるなしに関わらず陣痛を誘発したり、人工的に子宮口を開かせたりしてお産にすることもあるといいます。

 

ママや赤ちゃんの状態に応じて、陣痛促進剤などを使用する場合もあるということを知っておくだけでも、お産のイメージができると思います。

過期妊娠では、帝王切開になるケースも多くありますので、場合によっては陣痛促進剤を使った方が良い時もあるそうです。



出産予定日を過ぎたら母体や赤ちゃんへのリスクはある?

予定日を過ぎてもお産が始まらないことを『過期妊娠』といいます。

出産予定日(妊娠40週0日)を2週間過ぎてもお産にならず、妊娠が継続している状態です。42週を過ぎるとママや赤ちゃんにはにどのような症状が起きるのでしょうか?リスクは高まるのでしょうか?

胎盤の機能が落ちる

胎盤機能が低下すると赤ちゃんに血液・酸素が届かなくなるため、赤ちゃんが苦しくなったり、羊水が減ってへその緒を圧迫し、悪循環になることもあります。胎盤の働きが悪くなると赤ちゃんにストレスがかかり、心拍に異常が見られることもあります。

 

羊水の量が減る

過期妊娠になると羊水が減少し、羊水のクッション機能が失われます。羊水の最大量は800mℓほどで、40週を過ぎると500mℓほどに減少します。予定日を過ぎると、100mℓまで減ってしまうこともあるそうです。

また、赤ちゃんが少なくなった用水の中で おしっこやうんちをすると、羊水が濁ってしまいます。赤ちゃんがその羊水を飲んでしまうと気道につまらせてしまったり、肺に穴が開いてしまう危険があります。(胎便吸引症候群)

 

巨大児になるリスク

巨大児とは、4000gを超える赤ちゃんのことを指し、分娩時に裂傷の頻度が高くなり、ママに大きな負担がかかる可能性があります。
赤ちゃんが大きいと、分娩に時間がかかり赤ちゃんに十分な酸素が届かない時間が増えて仮死状態になる危険があります。

 

 

このようなリスクがあるため、病院では、41週に入ったら陣痛誘発・促進をすすめるところが多いです。

 

 

まとめ

・妊娠42週を過ぎると出産のリスクが高まるので、41週に入ったら陣痛促進を考えましょう

・40週を過ぎると健診が多くなりますが、欠かさず受けるように!

・運動不足の人は意識的に体を動かすように

・予定日を過ぎても、焦らずリラックスして過ごしましょう

 

赤ちゃんに会えるまであと少し!ママのお腹の中が居心地がいいから長くいるのかもしれないですね。
会える日を心待ちにしながら、リラックスして過ごすようにしてください。

 

関連記事

産後1か月のママの体の変化、赤ちゃんとの過ごし方

赤ちゃんのスキンケア いつからいつまで?






-妊娠中 過ごし方
-

Copyright© 子育て123 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.