妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんの成長過程

生後9ヶ月の赤ちゃん 身長・体重、成長の特徴

更新日:

Pocket

生後9ヶ月は、ハイハイやつかまり立ちをしたり、後追いが始まったり、心身の発達が目立つ時期です。赤ちゃんの行動範囲が広がり、ますます活発になり目が離せませんね。

今回は、生後9ヶ月の赤ちゃんの身長・体重や、成長の特徴などについてまとめました。

生後9ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

身長               体重

男の子  67、4〜76、2   7、16〜10、37kg

女の子  65、5〜74、5   6、71〜9、85kg

増え方が緩やかでも、発育曲線に沿って成長していれば大丈夫です。この頃は、はいはいやつかまり立ちなど、体を動かすことも増えるので、体つきは少し引き締まってくるでしょう。

 

生後9ヶ月の主な成長の特徴

・ハイハイが上達する

・つかまり立ちを始める

・後追いをする

・親指と他の指を使って物をつかめるようになる

・大人の声を真似て、いろいろな声を出す

・大人の動きを真似て、バイバイやパチパチなどの動作ができるようになる

この頃になると、赤ちゃんはママのことをしっかり認識しており、大好きなママの姿が見えなくなると不安に思ったり、泣いたりすることから「後追い」をする赤ちゃんもいます。離れるときは赤ちゃんが安心するように声をかけてあげてくださいね。

生後9ヶ月になると、赤ちゃんも言葉で自分の思いを伝えようとします。感情を声に出して、喃語で何かをしゃべりかけてきた時には、あいづちをうったり、返事をしてあげてコミュニケーションを積極的に取るようにしてあげてください。

 

生後9ヶ月の授乳回数・量の目安

生後9ヶ月になると、食後の授乳は徐々に減っていきます。赤ちゃんの食欲に応じて調節しましょう。

ミルクは1日に2回、1回あたり200〜220mlほど飲みます。1日に400〜500mlくらいが目安です。

母乳は欲しがるだけ与えても大丈夫です。

 

生後9ヶ月の離乳食

生後9ヶ月は離乳食後期にあたり、離乳食を3回に進んでも良い時期です。食べ方には個人差があるので、赤ちゃんの様子を見て、3回にするタイミングを判断してください。離乳食は、早朝と夜を除いた他の授乳時間にあてて、3回目の離乳食は午後7時までには食べ終わるようにしてください。遅い時間の食事は赤ちゃんの胃に負担をかけます。

また、赤ちゃんは1回に少量しか食べることができないので、午前・午後に1ずつ少量のおやつをプラスしても良いでしょう。その場合は1日約100kcalを目安に、食事に影響がないように与えてください。

離乳食の量と回数が順調に進めば、栄養のおよそ70%を離乳食から取るようになります。離乳食の後の授乳は食欲に応じて調節してください。離乳食に好き嫌いがあり、栄養の偏りが気になるようなら、フォローアップミルクを与えることもオススメです。フォローアップミルクは、食事で不足した栄養を補う目的で作られた粉ミルクなので、母乳の分泌が減少した場合のも良いと思います。

 

生後9ヶ月の睡眠時間の目安

この頃の赤ちゃんの1日の睡眠時間は、およそ13時間です。生活リズムができ、体内時計が整うことで多くの赤ちゃんが夜にまとめて寝るようになります。お昼寝も、午前と午後に1回ずつ、1〜2時間程度と少なくなってきます。午後のお昼寝の時間が遅くなってしまうと夜に早く寝れなくなってしまい、生活リズムが崩れてしまう可能性があるので、午後は意識的に早くお昼寝できるようにしましょう。

 

関連記事

生後8ヶ月の赤ちゃん 身長・体重、成長の特徴

生後10ヶ月の赤ちゃん 身長・体重、成長の特徴







-赤ちゃんの成長過程

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.