妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




妊娠中 ママの体 妊娠中 赤ちゃんの成長

妊娠4ヶ月 ママの体の変化・赤ちゃんの成長

投稿日:

Pocket

妊娠4ヶ月は12〜15週にあたります。辛かったつわりが治って、食欲も戻ってくる頃だと思います。胎盤も完成し、赤ちゃんとママをしっかりつないでくれていますよ。

妊娠4ヶ月にはどのような体の変化があるのでしょうか?

ママの体の変化

おなかがふくらみ始める

12週を過ぎると流産の確率がかなり減ってきます。子宮の大きさは、幼児の頭くらいの大きさになり、おなかがふくらんできて、外からも分かるようになります。普段つけている下着では苦しくなってくる方も出てくると思いますので、そろそろマタニティ用の下着に替える頃合いです。

この時期の子宮の位置は、骨盤の上の方に上がるため、膀胱への圧迫が少なくなります。尿もれや頻尿で悩んでいた方は、症状が緩和されることがありますよ。

胎盤が完成する15週ごろには、体内のホルモンの状態が安定してきます。基礎体温が徐々に下がり、熱っぽさやだるさが解消されるので体調はだいぶマシになるでしょう。それ以降は、出産が終わるまで妊娠前とあまり変わらない体温が続きます。

つわりが治ってくる頃

つわりには個人差がありますが、多くの方は12〜16週ごろにおさまってきます。ある日突然つわりが解消したり、つわりが長引いたりと人によって様々です。

つわりが治ってくる頃、子宮が大きくなることで胃が圧迫されることで、胃のむかつきが起こる人もいます。

つわりが終わると食事がおいしく感じられるようになり、今までの反動で食べ過ぎてしまう方も・・・。しかし、食べ過ぎて妊娠中に体重が増え過ぎてしますと、体のトラブルや難産などの原因になってしまう可能性があります。つわりが終わって体が楽になってから、適切な体重管理を始めるようにしてください。

食事では、栄養バランスを考えて、貧血などに注意したメニューにするようにしてくださいね。

 

おなかの赤ちゃんの成長

赤ちゃんの大きさは?

妊娠4ヶ月(15週頃)の赤ちゃんの大きさは

頭殿長  約16cm

体重   約100g(レモン1個くらい)

器官の形成が終わり、この頃には男女の外性器も完成します。これからは、体や手足の骨、筋肉などが発達していきます。子宮の中の羊水の量も増えてきて、手足を動きもこれから活発になってきます。

この頃の赤ちゃんの皮膚は不透明で、これからどんどん厚くなっていきます。赤ちゃんは目を閉じていますが、顔には胎毛が生え始め、口は開けたり閉じたりしていますよ。

胎盤には、赤ちゃんとママの間の栄養や老廃物などの受け渡しをする大切な役目があります。15週頃には胎盤も完成し、赤ちゃんの成長はさらにスピードアップしていきますよ!

妊娠12週

骨が成長してエコーでは白くハッキリと写るようになります。器官が完成されてくると、1週間ごとの赤ちゃんの違いは少なくなってきます。

妊娠13週

胎盤に厚みが出てきて、完成まであと少しです。エコーでは、赤ちゃんの向いている方向によってへその緒が胎盤につながっているところがよく見えるようになります。

妊娠14週

器官が発育・発達して、背骨が1本1本くっきり見えたり、胃や心臓などの臓器なども見えるようになります。

妊娠15週

ついに胎盤が完成します。手足の骨や筋肉の成長が進み、羊水の量も増えてくるので、赤ちゃんの動きが活発になってきます。エコーではバタバタと手足を動かしている姿を見ることができるかもしれませんね。

 

つわりが治ると、体が楽になって動きやすくなりますが、おなかには大切な命があります。自転車に乗ったり、走ったりできそうですがもうやらないようにしてくださいね。赤ちゃんを守り、育てることができるのはママだけですよ。

関連記事

妊娠での体の変化

鉄欠乏性貧血とは? 妊娠中のトラブル・病気

 







-妊娠中 ママの体, 妊娠中 赤ちゃんの成長

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.