妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




妊娠中 ママの体 妊娠中 赤ちゃんの成長

妊娠2ヶ月 ママの体の変化・赤ちゃんの成長

投稿日:

Pocket

妊娠2ヶ月は4〜7週目にあたり、生理が遅れたり、つわりのような症状が出て「妊娠かも」と気付く頃です。ママの見た目にはほとんど変化はありませんが、妊娠2ヶ月の頃にはどのような変化があるのでしょうか?

ママの体の変化

つわりがある人も

月経が1週間以上遅れ、妊娠しているのかも、と期待が高まる時期です。個人差はありますが、早い人ではつわりの症状が出始めることがあります。

今まで気にならなかった匂いに急に敏感になったり、食欲がなくなってきたり、体調の変化に戸惑う人も多いと思います。空腹時に胸がムカついたり、いきなり吐き気や嘔吐に襲われたりして、初めて妊娠したことに気づく人もいます。

女性ホルモン(黄体ホルモン)が盛んに分泌されるため、体がだるく、熱っぽくなり、一日中眠たいという方もいらっしゃいます。

 

おなかの中で変化している!

おなかの見た目の変化はほとんどありませんが、子宮は一回り大きくなって前方の下側にある膀胱を圧迫するため、トイレが近くなることもあります。

また、ごく初期から乳房が張ってきたり、乳頭が敏感になったりする方もいてすでに体に変化は出てきています。

 

出血が見られる人も

月経の予定日の頃に、月経の始まりのような少量の出血(着床時出血)が起こる場合があります。着床時出血をいつもの月経と間違えると、だるさや熱っぽさを風邪と勘違いすることもあるみたいです。この時期はおなかの赤ちゃんの器官が形成されていないので、安易に薬を飲まないようにしてください。

妊娠かな?と思ったら、妊娠の確認、流産の可能性も考えて、できるだけ早くに受診してください。

気をつけることは?

妊娠すると、おなかの赤ちゃんに栄養を送るようになり、ママの体の鉄分が不足して貧血などになることがあります。鉄分が不足しないように普段の食生活を見直して、鉄分や亜鉛を多く含んでいる食材を積極的に食べるようにしてください。

また、もう一つ重要な栄養素が『葉酸』です。妊娠を考えていた方は聞いたことがある栄養素だと思いますが、葉酸はおなかの中の赤ちゃんの細胞を作り出すのを促す働きがあります。妊娠初期の頃は赤ちゃんの大切な器官を形成する時期なので、サプリなどで摂取する方も多くいます。緑黄色野菜に多く含まれているので、食事からと摂るように心がけましょう。

 

おなかの赤ちゃんの成長

赤ちゃんの大きさは?

妊娠2ヶ月(7週頃)の赤ちゃんの大きさは

頭殿長 約12mm

体重  約 4g(さくらんぼ1個くらい)

この頃は、子宮の中に赤ちゃんが入った袋(胎嚢たいのう)が確認できる頃です。9週までの赤ちゃんは胎芽と呼ばれ、中枢神経や心臓、手、足などの器官のもが猛スピードでつくられる器官形成期にあたります。

妊娠4週

赤ちゃんの入った袋(胎嚢)が見え始めます。早ければ4週後半から確認することができ、エコー写真だと黒い丸が見えます。

妊娠5週

胎嚢の中に胎芽が見え始めます。豆粒のような姿ですが、中枢神経や心臓のもとが作られています。

妊娠6週

小さな豆粒の赤ちゃんが細長く成長していきます。まだ弱くですが、心拍が確認できることがあります。エコーでは、豆粒ですが、実際は口・目・手足のもとが作られています。

妊娠7週

頭部と体の区別がついてきて、2頭身くらいになります。手足の区別もついてきます。目・口・鼻も大まかですが、形を整え始めます。

胎盤になる組織も少しずつ厚みを増して、白く見えることがあります。

 

赤ちゃんの成長には個人差があります、心拍が確認されるまでは妊娠確定ではありませんが、焦らずゆったり赤ちゃんのペースがあるので待ってあげてくださいね。

 

関連記事

妊娠での体の変化

妊娠しやすい体を作るには

妊娠中の貧血、原因は?対策は?

 







-妊娠中 ママの体, 妊娠中 赤ちゃんの成長

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.