妊娠・出産・子育てに役立つ情報をお届け!

子育て123




赤ちゃんのケア

赤ちゃんの紫外線対策はいつから必要?紫外線が赤ちゃんに与える影響は?

投稿日:

Pocket

日差しが強くなってくると気になるのが「紫外線」です。
ママは日焼けしないように日焼け止めを塗ったり、長袖を着たりいろんな方法で日紫外線を防いでいますが、赤ちゃんの紫外線対策はいつからしてあげればよいのでしょうか?

紫外線に当たって日焼けをすると肌が赤くなったりすると思いますが、赤ちゃんが日焼けをするとどんな影響があるのかも合わせて知っておくと良いと思いますよ。
赤ちゃんの紫外線対策や影響についてまとめました。




赤ちゃんの紫外線対策はいつから必要?

赤ちゃんの紫外線対策は生まれてすぐから始めよう!

赤ちゃんの肌は大人の半分以下の薄さしかなく、とてもデリケートです。
ちょっとしたことで肌にかゆみが出たり、湿疹ができてしまったりと思っている以上に敏感なんです。

赤ちゃんや子どもの頃に浴びた紫外線は蓄積されて、大きくなってからシミやそばかすができたり、皮膚がんになったりする可能性もあると言われています。小さい頃から紫外線は浴びすぎないように注意が必要なんですよ!

赤ちゃんの紫外線対策は、できるだけ早くから始めた方が良いと言われています。
生まれて間もない赤ちゃんが長時間紫外線を浴びると肌へのダメージが大きく、すぐに皮膚に影響が出てしまいます。
日焼け止めなどを塗ってあげるとよいですが、生後6ヶ月まではできるだけ刺激になるようなものは避けた方が良いでしょう。

生後6ヶ月までは、紫外線の多い時間に外出を避けたり、紫外線を防げる洋服やグッズを活用してあげるとよいですよ。

赤ちゃんの紫外線対策で日焼け止めはいつから?

赤ちゃんの紫外線対策で日焼け止めは、生後6ヶ月以降であれば使用しても良いと言われています。
生後6ヶ月頃になると皮膚も生まれた頃に比べると丈夫になってきています。赤ちゃんの肌の様子を見ながら使うようにしてくださいね。

日焼け止めを使用する時には、以下の事に注意して使用するようにしてください。

・必ず赤ちゃん用のものを使う
・石鹸で落とせるものを使う
・紫外線吸収剤を使っていないもの
・できるだけ肌に優しいもの

赤ちゃん用の日焼け止めは大人の使っているものに比べると低刺激で肌に優しいものが多いです。
それでも、薄い肌に塗るので赤ちゃんによっては肌に合わず湿疹や赤み、かぶれが起こってしまうことがあると言います。

使用する前には赤ちゃんの肌でパッチテストをして、肌が荒れないか確認してから使用する方が良いですよ。

【パッチテストの方法】

皮膚の薄い二の腕の内側に日焼け止めを10円玉くらいの量を塗ります。
30分後と2日後の2回確認して、肌にトラブルがないか見てください。



紫外線が赤ちゃんに与える影響は?

紫外線の種類によって赤ちゃんに与える影響が違う

紫外線にはいくつか種類があるのをご存知でしょうか?
紫外線にはUV-A波、UV-B波、UV-C波の3つがあります。このうち人に影響を与えると言われているのがUV-A波UV-B波です。

UV-A波
1年中降り注いでいる紫外線で、5月、6月が1年で最も量が多くなります。
曇りや雨の日でも降り注いでおり、窓ガラスなども通り抜けてしまいます。
肌の深部にまで届いてしまうので、大きくなったからシミやそばかすができる原因になります。

UV-B波
5月~9月頃に量が多くなり、特に真夏の7月、8月に最も多くなります。
UV-A波よりもエネルギーが強く、UV-B波を長時間浴びると日焼けして赤くなったり、ヒリヒリと痛くなります。
浴びすぎると皮膚がんや年をとってから白内障になる原因になる恐れもあると言われています。

 

赤ちゃんも長時間紫外線を浴びてしまうと、紫外線が当たったところが赤くなったり、ひどい場合には水ぶくれなどになってしまうこともあります。
肌にダメ―ジが与えられて肌荒れの原因になり、肌がカサカサしたり、かゆみや湿疹が起こることもあるといいます。

 

紫外線を浴びることで赤ちゃんに良い効果も!

紫外線の効果は悪いことばかりではないんですよ!
1日15分程度の日光浴は体に良い効果を与えてくれると言われています。

どのような効果があるのかまとめました。

ビタミンDを体内で作ってくれる
人が日光を浴びることで体内でビタミンDが作られます。
ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けてくれる働きがあり、赤ちゃんにも欠かせない栄養です。
カルシウムの吸収を高めることで骨や歯を強くしてくれますよ。

ストレス解消
日光を浴びることで、体内時計がリセットされて朝から元気に活動することができます。
朝起きて朝日を浴びせてあげることはとても良いことなんですよ!

血行や新陳代謝を促して、皮膚の抵抗力を高める働きもあります。

長く浴びすぎると肌へのダメージが心配になってきますので、15分~30分程度にしておきましょう。



赤ちゃんの紫外線対策5つの方法!

それでは、赤ちゃんが紫外線を浴びすぎてしまわないように紫外線対策の方法をまとめました。
日焼け止めを塗れない、月齢の低い赤ちゃんでもできることもご紹介していますのでぜひ日常生活に取り入れてみてください。

外出前に保湿剤、日焼け止めを塗る

生後6ヶ月以降の赤ちゃんであれば外出前に日焼け止めを塗ってあげましょう。
生まれて間もない月齢の低い6ヶ月未満の赤ちゃんの場合は、外出前に保湿剤を塗ってあげると肌にバリア力をアップさせてあげることができますよ。
以下のものは保湿+UVカットも期待できますよ。

天然のココナッツオイル・・・紫外線を約20%カットする力があります
シアバター・・・UV-B波をカットしてくれる働きがあります

湿疹があったり、肌が荒れている場合には日焼け止めは使用しない方が良いですので、保湿だけしてあげましょう。

紫外線の多い時間を避けて外出する

お散歩や買い物などに行くなら、紫外線の量ができるだけ少ない時間に行きましょう。

1日の内で午前10時~午後2時の間が1番紫外線量が多くなっています。
特に午後12時前後に紫外線が多くなっていますのでこの時間は避けて出かけるようにしてください。

 

肌の露出を少なくする

肌の露出を少なくすることで、服がある程度紫外線を防いでくれます。
赤ちゃん用の服でもUVカット加工されているものがあるので、そういったものも使用すると良いでしょう。

暑い日でも着用できるように、できるだけ涼しく通気性がよく、汗もよく吸い取ってくれる素材のものを選んであげましょう。

帽子も顔の紫外線を防ぐのに有効です。
つばが長いものや、つばが後ろにもついているハットのような帽子が良いでしょう。

できるだけ日陰を歩く

日陰を歩く方が紫外線は少なくなります。
歩くときにはできるだけ日陰を選んで歩きましょう。

建物の中や地下道なども紫外線を避けるのに有効です。

ベビーカーに乗っている場合には、日よけをしてあげることで紫外線に直接浴びることを防ぐことができます。

 

紫外線カットグッズを使用する

赤ちゃんを抱っこして出かける時には、日傘をさしましょう。
ママの紫外線対策にもなるのでおすすめです。

ベビーカーには、UVカットしてくれるようなカバーなども売られていますよ。

UV-A波は車のガラスも通り抜けてしまいますので、車に乗って出かける時にはUVカットしてくれるシートを貼ったり、カバーをつけるとすこしは紫外線を防ぐことができますよ。

 

まとめ

温暖化で紫外線の降り注ぐ量も増えていっているといいます。
赤ちゃんのデリケートな肌を守ってあげられるように、小さい頃から紫外線を浴びせすぎないように対策を行いましょう。

1日15分の日光浴は体に良い効果もありますので、出かける時間を考えて外出するようにしてくださいね。

 

関連記事

赤ちゃんの外出の時間の目安は?外出が長いと赤ちゃんは疲れてストレスがたまるの?

赤ちゃんのあせもを予防する4つのポイント!あせものケア方法は?






-赤ちゃんのケア
-

Copyright© 子育て123 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.